09/ コーティング

~ この段階で必要な物 ~
◆2液混合エポキシ溶剤&専用うすめ液  ◆小さいカップ  ◆ナイロン筆  ◆ラジオペンチ
◆ちり紙  ◆新聞紙  ◆ドライヤー  ◆蓋付き空瓶2個  ◆彫刻刀(双刃)
◆撹拌棒(つま楊枝、コーヒーに付いてくる細いスプーン、etc...)

【088】
エポキシでコーティングします。

数社のエポキシを使ってみましたが、今のところ「ナガシマ」のエポキシがお勧めです。
社名は出せませんが、○○○○のエポキシだけはお勧めしません....最悪です。

【089】
エポキシコーティング用のグッズです。

ラジオペンチはエポキシコーティング専用にしても構わないものを使います。
筆は100円均一店等で売っているナイロン筆を使用しています。
尚、豚毛は硬いうえに抜けるので避けた方が良いです。

【090】
主剤と硬化剤を「1:1」で、なるべく泡立てないように混ぜ合わせます。

付属の計量カップは各剤計量後、必ず綺麗に拭き取ります。
そうしないと、計量カップ内が固まってしまい、以後計量できなくなってしまいます。
また、正確に「1:1」で混ぜ合わせないと、何時まで経っても硬化しません。
まぁ、その辺は説明書きに書いてありますので、そちらを参考に。

【091】
3分間ほど熟成させた後、筆塗りします。

鱗模様一本一本に馴染ませるように、丁寧に塗っていきます。
この時もなるべく気泡ができないように注意しながら塗ります。

【092】
全体を塗り終わったら、ドライヤーで小さな気泡を飛ばします。

ちなみに実際は上の写真よりもドライヤーを離して使用します。
軽く飛ばす程度で構いません。
あまり長い時間、ドライヤーをあてないようにします。

【093】
ハンガーで吊るして、硬化させます。

部屋の温度で硬化時間が変わりますので、予め部屋を暖めておきます。
適度な湿度も必要です。
部屋の温度にもよりますが、硬化するまで24時間以上かかります。
尚、エポキシはセルロースのような強烈な臭いはありません。
また、湿度が高くても白く濁ったりしません。

【094】
塗り終わったら、直ぐに筆を専用液で洗浄します。

硬化が始まってからでは遅いので、直ぐに洗浄します。
また、専用うすめ液は2つの瓶に分けて使用すると綺麗に落とせます。
尚、筆先が硬くなってきたら、新しい筆と交換したほうが良いでしょう。

【095】
部屋の温度によりますが、約1~2時間位でエポキシが水あめ状になります。

エポキシが水あめ状になったら、ワイヤーの切れ端やつま楊枝などで、
テイルアイの部分に溜まった余分なエポキシを取り除きます。
時間をおいて硬化の様子を見ながら、液垂れが無くなるまで小まめに除去していきます。
液垂れが無くなったら、後は静かに硬化させます。
手で触っても大丈夫な程度まで硬化させるには最低でも24時間以上かかりますので、
それまでは絶対にルアーに触れないようにします。

完全に硬化したら、再び【090】~【095】の行程を行います。
エポキシ硬化後にルアーを触った場合、表面に手の脂などが付着しいている場合があるので、
コーティングの前に必ず石鹸でルアーを洗います。
ルアー表面に脂などが付着していた場合、その部分はエポキシを弾いてしまう為、
硬化した時に修復不能な凹凸ができてしまいます。

【096】
頭を上にした硬化を3回行った後、今度は頭部を下にして硬化させます。

この時も、バリ取り等々.....全て【090】~【095】と同じ要領で行ないます。
ちなみに今回は頭を下にした状態での硬化を3回行っています。

【097】
頭上3回、頭下3回...が終わったら、再び頭を上にして硬化させます。

そして完全硬化後、頭上硬化を4回行ないます。
合計すると、今回は塗装前にコーティングを10回行うことになります。
とにかく、硬化中はルアーをいじらず、静かに硬化させるのが一番です。
過去に、眺めている最中に落としてしまいTHE END....という経験がありますので。(笑)

【098】
エポキシが完全硬化したら、彫刻刀(双刃)で各アイのバリ取りをします。

塗装前の最終コーティングのあとは、各アイのバリを完全に除去します。
尚、塗装の行程に入る時は、最終コーティングしてから最低でも3日は空けます。

↑TOP

← 08/鱗模様&目入れ      10/塗装-1 →