06/ ホイル張り-2

~ この段階で必要な物 ~
◆デザインカッター  ◆両面テープの台紙

【053】
アルミホイルをボディに張ります。

台紙から剥がすときは、丸まったり、シワにならないように、慎重に剥がします。
この台紙は使いますので、捨てずに取っておきます。
そして、ルアーの尾の方から頭の方へ、ゆっくりと馴染ませるように張っていきます。
この時、直接アルミ面を触るとアルミに傷が付きますので、
先程の台紙のツルツルの面をアルミに当てて張っていきます。
頭の部分は、この時点では軽く乗せる程度にしておきます。

【054】
内側から外側に向けて、馴染ませるように張っていきます。

シワや気泡が出来ないように、十分に注意します。
また、指にアルミ片などが付着していると、台紙を使っても、擦った部分が傷だらけになってしまうので
注意が必要です。

【055】
エラの部分は段差の所まで張っていきます。

但し、段差で浮いた部分は後で張るので、あまり強く押しつけないようにします。
強く押しつけるとアルミが裂けてしまいます。

【056】
胴体部分の余分なアルミをカットしていきます。

デザインカッターの歯は必ず新しい物に交換しておきます。
たとえ、ほとんど使用していない歯でも、必ず交換します。

【057】
テイルの部分をカットします。

若干、ボディよりも多めに残します。
ここまで出来たら、再び全体を台紙で馴染ませます。
頭部も「必要な部分」がシワにならないように馴染ませます。
頭部は特に凹凸があるので、「必要な部分」を把握して、慎重に馴染ませます。

【058】
エラのラインに沿って、胴体と頭部のアルミを切り離します。

一気に切り離さずに、先ずは上側だけを切ります。

【059】
エラの部分の胴体側のアルミをゆっくりと剥がします。

剥がすときは、アルミが裂けないように慎重に剥がします。

【060】
シワができないように、再び張り付けます。

この作業によって、エラの段差によって出来た胴体側のシワを取り除きます。
下側の部分も、上側と同じ要領でシワを取り除きます。
そして、台紙で再び全体を馴染ませます。

【061】
エラの部分が終わったら、背の部分をカットします。

先ず、台紙でセンターよりも多少余分に張り付けます。

【062】
デザインカッターで切り込みを入れます。

背の部分は後で塗装しますので、写真の位置くらいに切り込みを入れます。
切り込みは、【058】で分離した胴体のアルミの部分に入れます。

【063】
余分な部分をゆっくりと剥がします。

切り込みが不十分だとアルミが裂けてしまったり、両面テープだけがボディに残ってしまったりするので、
その辺を注意しながら剥がしていきます。

【064】
腹の部分も背と同じ要領でカットします。

こちらも背と同様に、良く馴染ませてからカットしていきます。

【065】
再び台紙で全体を馴染ませます。

これで胴体部分の張り付けは完了です。

↑TOP

← 05/ホイル張り-1      07/ホイル張り-3 →