04/ 内部の作成

~ この段階で必要な物 ~
◆彫刻刀  ◆ステンレスワイヤー(1mm)  ◆ラジオペンチ  ◆瞬間接着剤  ◆デザインカッター
◆紙ヤスリ(400番前後)  ◆円筒(精密ドライバー、釘、etc...)
◆ウェイト(タングステンボール、ステンレスボール、ガン玉、etc...)

【035】
完全に乾いたところで、仮止めを外して、再び2枚に戻します。

仮止めを外すときはゆっくりと、慎重に外します。
焦ったり、強引に外そうとすると、簡単に割れてしまいます。
もし割れてしまったら・・・再び【001】の行程からやり直しです。

【036】
彫刻刀(丸刀)でウェイトルームを彫ります。

ウェイトが偏らないように、左右の深さが同じようになるように彫ります。
リューターを使用したほうが綺麗に削れるかもしれません。

【037】
ウェイトルームができたら、今度はシャフトを作ります。

ワイヤーの長さは余裕を持って、ボディの倍くらいの長さを用意します。
アイの部分は、精密ドライバーなどに巻きつけるようにして曲げます。
かなり面倒な作業ですが、ボディに合わせながら丁寧に作ります。
ワイヤーは円状に束ねてあるものよりも、1m以内の直線で売っているものがお勧めです。

【038】
余ったワイヤーでハンガーを作ります。

これはコーティング後、乾かす時に使用します。

【039】
シャフトに合わせて、シャフトの溝を作ります。

今回の素材はバルサなので、デザインカッターの反対側で溝を入れていきます。
但し、木目と垂直になる溝は、デザインカッターで作ります。
リューターがあれば、そのほうが楽かもしれません。
尚、檜や桐、朴などの堅木を使用する場合は彫刻刀やリューターで溝を彫ります。

【040】
シャフトを溝に固定します。

瞬間接着剤で固定し、乾かします。

【041】
ウェイトを入れます。

完成時には、このウェイトにコーティング剤の重量が加算されるので注意が必要です。
この時点でギリギリ浮くウェイトを使用した場合、完成時にはシンキングになってしまいます。

【042】
ボディを張り合わせます。

瞬間接着剤で固定します。
アイの部分からも接着剤を流し込みます。
ズレないように、しっかり合わせてから固定します。

【043】
紙ヤスリで軽めに継ぎ目を整えます。

接着剤の固まった部分を均す程度ですので、あまり強くやらないようにします。

【044】
これで、張り合わせまでは完了です。

湿っている可能性があるので、【038】で作ったハンガーで吊るして十分に乾かします。
最低でも24時間くらいは乾かしたほうが良いです。

↑TOP

← 03/下地の着色      05/ホイル張り-1 →