05/ ホイル張り-1

~ この段階で必要な物 ~
◆合成樹脂塗料と専用うすめ液  ◆ナイロン筆  ◆ラジオペンチ  ◆古新聞  ◆紙ヤスリ(400番前後)
◆アルミホイル  ◆極薄両面テープ

【045】
ホイル張りの為の下準備をします。

バルサに直接ホイルを張るとシワになったりしますので、合成樹脂塗料で表面を固くします。
今回はグンゼのMr.COLORの155番スーパークリアーを使用しています。
エポキシで固めても構いません。

【046】
先ずは原液を筆塗りします。

アイの部分をラジオペンチで固定して、全体に均等に塗り込みます。
気泡ができないように注意します。

【047】
顔の部分の凹凸にも塗り込みます。

但し、あまり大量に塗るとムラになりますので、注意が必要です。

【048】
ハンガーで吊るして、完全に乾かします。

液垂れすることがありますので、下に古新聞や雑誌、広告などを敷いておきます。
そして、このまま24時間乾かします。

【049】
完全に乾いたら、紙ヤスリで表面を整えます。

表面が滑らかになるよう(下塗りを削らない程度に)、ムラや気泡をなくします。
この時もあまり強くやらずに、軽めに根気よくやります。
そして、もう一度【046】~【049】の行程を行ないます。

【050】
今度はうすめ液で薄めたものを筆塗りします。

大体「原液4:うすめ液6」くらいに薄めたものを塗ります。
そして、【046】~【049】の行程と同様に、再び24時間乾かし、軽めにヤスリ掛けします。
この作業を3回ほど繰り返します。

【051】
アルミホイルと両面テープを用意します。

今回は家庭用アルミホイルを使っていますが、
アルミ箔やタバコの銀紙等々、色々とありますので、お好みのもので試してみてください。
但し、金箔・銀箔は少々高度な技術が必要になりますので、初めはアルミ系で練習した方が良いと思います。
(注:金箔・銀箔は張り方も違います)

【052】
平らなガラステーブルの上で、アルミホイルに両面テープを張り付けます。

アルミホイルのシワを無くして、片側からそーっと親指でなぞる感じで張り付けます。
少しでも気泡やシワが入ってしまったら、やり直します。

↑TOP

← 04/内部の作成      06/ホイル張り-2 →