07/ ホイル張り-3

~ この段階で必要な物 ~
◆デザインカッター  ◆両面テープの台紙

【066】
頭部を再び台紙で馴染ませた後、余分な部分をカットしていきます。

先ずは下側に切り込みを入れていきます。
口先まで切り込みを入れないと、口の部分が裂けてしまったりしますので、口先まで確実に切り込みを入れます。

【067】
胴体部分と同様に、ゆっくりと注意しながら剥がしていきます。

頭部は凹凸があるので、切り込みを入れた後、再び台紙で馴染ませてから行ないます。
剥がした後も、台紙で完全に張り付くように、馴染ませます。

【068】
上側も同じ要領で、余分な部分をカットしていきます。

こちらも口先まで確実に切り込みを入れます。

【069】
余分なアルミをゆっくり剥がしていきます。

この時点で口先までの余分なアルミを全て剥がします。

【070】
頭部のホイルを十分に馴染ませます。

これから細部のカットを行なうので、十分に馴染ませておきます。

【071】
全体にアルミを張り終わった状態です。

次に顔やエラの部分など、細かい部分をカットしていきます。

【072】
先ずは顔の部分です。

自分のイメージに合うように切り込みを入れていきます。

【073】
不要部分のアルミを取り除きます。

頭部のアルミを少し剥がして、軽く引っ張ると簡単に取り除けます。
但し、切り込みがしっかりと入っていないと、必要部分のアルミが裂けてしまいます。

【074】
口の周りの余分なアルミをカットします。

1箇所カットしたら、その都度必ず台紙でアルミを馴染ませます。

【075】
エラの部分の不要なアルミを取り除きます。

自分のイメージでカットしながら、全体の雰囲気を出していきます。
別にエラの部分をカットしなくても構いません。

【076】
口に作った窪み部分のアルミをカットします。

この部分は、一番両面テープ等が残りやすいので慎重にカットします。

【077】
再びアルミを馴染ませます。

これでホイル張りは終了です。

↑TOP

← 06/ホイル張り-2      08/鱗模様&目入れ →