08/ 鱗模様&目入れ

~ この段階で必要な物 ~
◆ルアーの空箱等  ◆油性マジック  ◆デザインカッター  ◆裁縫道具  ◆切り出しナイフ
◆両面テープの台紙  ◆目(EYE)

【078】
先ず、側線を引く準備をします。

今回はルアーの空箱を使用しますが、これは何でも構いません。

【079】
カッターで緩い曲線を描くようにカットします。

頭か尾のどちらかに油性マジックで目印をつけておきます。
今回は、尾のほうに目印をつけています。

【080】
デザインカッターの歯を逆に取り付けます。

千枚通しや針金、楊枝などで引いても構いません。

【081】
側線を引く位置に、【079】でつくった側線定規をあてます。

ズレないように指でしっかりと固定します。

【082】
歯を逆にしたデザインカッターで側線を引きます。

躊躇わずに適度な力加減で一気に引きます。

【083】
引き終わったら、反対側も同じ位置に引きます。

尾側の目印を確認して、適度な力加減で一気に引きます。

【084】
裁縫道具を使って点線をつけます。

点線は【082】で引いたラインよりも少しずらしてつけています。
今回は楽をして裁縫道具を使っていますが、楊枝や千枚通しで一つ一つ点をつけても構いません。

【085】
切り出しナイフで鱗模様を刻みます。

一本一本、丁寧に刻んでいきます。
反対側も同じ要領で刻みます。

【086】
これで鱗模様は完了です。

刻む幅や角度などは自分のイメージで構わないと思います。
今回は側線を境にしたラインですが、このラインにクロスしたラインを引いて鱗模様にすることも多々あります。
また、イワシ系のような全体のキラキラ感を出したい時は、鱗模様を刻みません。

【087】
鱗模様が終わったら、目を入れます。

瞬間接着剤で目を固定します。
瞬間接着剤を微量垂らした後、ティッシュで吸い取ってからアイをつけます。
そうしないと、アイの縁から瞬間接着剤がはみ出して白く濁ってしまいます。
これでコーティング前までの行程は全て終了です。
自作立体ドームアイの作り方はいずれ暇な時にでもUPしようかと思っていますが・・・
いつになることやら・・・。

↑TOP

← 07/ホイル張り-3      09/コーティング →