01/ 輪郭形成-1

~ この段階で必要な物 ~
◆鉛筆・色鉛筆  ◆定規  ◆バルサ材  ◆糸のこ  ◆瞬間接着剤  ◆切り出しナイフ
◆紙ヤスリ(150番前後)  ◆大型ゴミ袋

【001】
先ずは作りたいミノーのサイズを決めます。

今回は16cmのミノーを作ろうと思うので、「8mm×30mm×900mm」のバルサ材(150円)を使用します。
当然ですが、作ろうと思っているミノーのサイズよりも全てにおいて余裕のあるものを購入します。
節みたいなものや、硬い筋の入っているもの、表面がザラザラのものは避けます。
個人的には、品質が安定してる「木村バルサ」のバルサ材がお薦めです。

【002】
糸のこで、ミノーのサイズより少々長めに切断します。

カッターよりも糸のこで切った方が、綺麗かつ楽に切ることができます。
実際は、この切断面部分は使用しませんが。

【003】
バルサ上に自分がイメージしているミノーの輪郭を描きます。

マジック等で描くと、滲んだり染み込んだりしますので、鉛筆や赤鉛筆などで描きます。

【004】
張り合わせる面に着色します。

張り合わせた時にセンター位置が分からなくなってしまうのを防ぐために、張り合わせる面に薄く色をつけます。
何となく分かる程度で良いので、あまり濃くしすぎないようにします。

【005】
バルサを瞬間接着剤で張り合わせます。

仮止めなので、頭・腹・尾の3点に、なるべく少なめに瞬間接着剤をつけます。
つけすぎると、後で剥がす時に剥がれなかったり、割れたりしますのでご注意を。
また、あまり端につけると後で外れなくなります。
ちなみに、今回は16cmのミノーなので3点につけていますが、9cmくらいのミノーの場合は2点で構いません。
この後の作業中にずれなければOKです。

【006】
この段階まで出来上がったら、同じものをもう1~2個作ります。

以降、同じものを同時進行で作っていきます。
2、3本同時に作っておくと、色塗り等のときに試し塗りができるので便利です。

【007】
張り合わせが完了したら、ナイフで書き込んだ輪郭よりも大きめに切り出していきます。

ナイフは必ず、研いでおきます。
切れないナイフで作業するのは精神衛生上、良くありません。
一気に切り出そうとせずに、少しづつ、薄く切り出していきます。
とにかく切りすぎに注意しましょう。

【008】
大体、このくらいラフな感じで輪郭を切り出します。

くどいようですが、削りすぎには十分注意しましょう。
一度削り落としてしまった部分は、もう元には戻りません。
もし削りすぎてしまったら・・・また最初からやり直しです。

【009】
輪郭ができたら、今度は両サイドを削っていきます。

上から見て、細長い楕円形になる感じに削っていきます。
但し、後でエラを立体にしますので、頭の部分はあまり削りすぎないようにします。
【004】で色付けしたセンター位置の目印を目安にしながら、左右対称になるように、
焦らずに薄く、少しづつ削っていきます。

【010】
150番前後の紙ヤスリで表面を整えます。

まだ、細かく整える必要はありません。
表面の凹凸がなくなる程度に整えるだけで構いません。

【011】
紙ヤスリで大まかに整えたら、ナイフで背中と腹の部分の角を取ります。

色々な角度から見て、バランスを取っていきます。
まだ、仮の段階なので、あまり削りすぎないようにします。
あくまでも、バランス調整の段階です。

【012】
再び、150番前後の紙ヤスリで、形を整えます。

先程よりは少しだけ丁寧に、全体の輪郭を出していきます。
但し、背の丸み等は後で調整するので、大まかで結構です。
この作業も、まだ仮の段階です。

【013】
これで大まかな輪郭が完成です。

この時点では、大体この程度で構いません。
尚、この後にコーティングを重ねていくと厚味が増していくので、
自分でイメージしている最終形よりも若干薄めに作っておきます。
極端に言うと、最終形はこの時点の大きさよりも一回り以上大きくなります。
ちなみに今回は浮力を増すために、かなり厚めに作っています。

↑TOP

02/輪郭形成-2 →