2010.03.14 (sun) 06:00-16:30

今日の箱根は気温も高く、風も良い感じだったが.....P。

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2010 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2010.03.14

本日は、先週とは違い、とても良い天気で暖かい。

これなら、気持ちよく昼寝ができそうだ。

あ、冗談です。



風は弱い

風は弱いが、昼前には良い風が吹いてくるでしょう。

先ずは、九頭龍に行ってみる。

先週の魚は居るかな?



しかし、風がなく、かなり厳しい状態。

万が一、これで出てきても、反転されるのが関の山。

風が吹いてからにしよう。



そこで、立岩へ直行し、小杉まで叩いてみる。

しかし・・・ブラウンは出てこない。



南部の方が湖面状態が良さそうなので、一気に大島へ。

風に任せて叩いた後、コベリへ移動。

そこからニジマス狙いで馬の背方面へとキャストしていくが、ダメ。



三ツ石に移動して、トリカブト方面へと130Fのブラウン狙いで叩いていく。

すると、犬の墓で40前後のブラウンがチェイス。

当然ながら、二度目は無かった。



白浜は等間隔に陸っぱりの方々が入っているので、パス。

全体を見渡すと、あちらこちらでボートがポイント目差して移動している。

まだ、みんな頑張っちゃってるなぁ。



湖上井戸端

という訳で、KONNOさんと合流して湖上井戸端。

各ポイントに入れ替わり立ち替わりボートが入っているような休日の午前中は、のんびり休憩するのが一番である。

体力温存?

というより、他船の動きを気にしながら釣りをするのが嫌いなだけ。



ギラギラしないで、のんびりいきましょう。

あ、そんな考えだから、ダメなのかな?



午後の部スタート

2時間ほど湖上井戸端休憩をしたあと、午後の部スタート。

ボートの移動も、だいぶ落ち着いてきている。



先ずは山のホテルに移動し、そこから成蹊へとニジマス狙いでキャストしていく。

すると、LKJ-85Fのダラ引きに40前後の茶鱒がヒット。

しかし・・・またもや、うねうねバラシ。



茶鱒用タックルに替えて、LKJ-130Fでその周辺を叩いてみると、同サイズのブラウンがチェイス。

しかし、喰いつかせることができず。

再びキャストすると、また出てきたが・・・ダメ。

ミノーをLKJ-85Fに替えて、チビグリで誘ってみると・・・再びチェイス。



完全に、魚に遊ばれている。



流石に飽きられたらしく、その後は出てこなくなってしまったので、移動。

箱根園から仏まで叩いてみるが、喰わせられず。



茶鱒狙い

残り時間が少なくなってきたので、黒石から亀へと茶鱒狙いで叩いていくことに。

すると、亀でアベレージサイズの茶鱒がヒット。

しかし・・・バラシ。

何やってるんだか...。



バシャっ!



諦めムードが漂う中、亀先端で水面が割れる。

その瞬間、ロッドに伝わる重み。



アワセを入れると・・・ミノーだけすっ飛んできた。

フッキングしてなかったようだ。

そしてそれが本日最後の反応。



今日は...いや、今日も空回りの一日。

というより、バラシが多すぎ?

まぁ、いつものことです。



来週の日曜日は、現在製作中のLKJ-130Fの塗装作業のため釣行できそうにないので、次回は3/28に釣行する予定。

流石にLKJ-130Fを完成させないと、4月からの岩魚、そして5月からの中禅がヤバイ。

昨年のように、使うミノーが無くてモヤモヤした気分で釣行....という事態だけは避けたい。




■HATTORI
■3Hit 0Get
■LKJ MINNOW 85F金箔 / 130F金箔


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ