2010.03.28 (sun) 06:00-17:00

春の芦ノ湖トラウト最終回。最後に何とかブラウン。

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2010 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2010.03.28

先週3月21日の日曜日は、製作中のLKJ-130Fの塗装のため釣行しなかったが・・・

その日はどうやら春の嵐で出船できなかったらしい。

無理して行かなくて良かった。



で、本日は取りあえず完成したLKJ-130F銀箔のスイムテストを兼ねて釣行。

取りあえず完成...というのは、あと3回ほどコーティングが残っているので。



安沢さんと同船

本日は安沢さんと同船。(写真右)

ちなみに写真左は安沢さんのキクチミノーをチェックしている、本日別船のKONNOさん。



安沢さんと知り合ったのは、数年前に安沢さんからミノーイングについての質問メールをもらったのがきっかけ。

私はまだミノーイングに関して、人に教えるほどの技術、経験、実績等々は無いのだが、かなり礼儀正しいメールだったので、それ以来、私の知っている限りのことは拙い文章で答えてきた。

で、百聞は一見にしかず...ということで、本日同船することに。



ただ・・・

※坊主覚悟でお願いします。

※私と同船するとダメダメ君4号になってしまうかも...。

と、一応了承を得てから同船したのは言うまでもない。



出船

午前6時に出船。

出船当初は微風だったが、すぐに良い風が吹き始めてきた。

ただ・・・冷たい北風なので、かなり寒い。



今日はLKJ-130Fのスイムテストということもあり、最初からブラウン狙い。

先ずは小杉から立岩まで叩いていく。

しかし、チェイス無し。



プリンスへ移動し、先行船の入っている庭石をパスして、成蹊から山のホテルまで叩いてみるが、ダメ。

今回、LKJ-130Fは3タイプ6本作ったので、勿論そのテストをしていく。

結果的には、タイプ1が一番理想に近い泳ぎだったので、今後はタイプ1をメインに調整していこうかな。



山のホテルあたりに来ると、濃霧に包まれてしまった。

そして濃霧の中、対岸へ移動し...クラ石からポンプ、ムジナと叩いていく。

今日は絶対にミノーを壊すわけにはいかないので、どうしても普段よりも消極的なキャストになってしまう。

4月、5月のために、今は我慢我慢。



反応を得られないまま、三ツ石からトリカブト、そして白浜へ。

今日の白浜はウェーディングの方々が少なく、叩くスペースがあった。

そこで、今年初めて白浜を叩いてみると、ようやく茶鱒のチェイス。

しかし、その後は反応無し。



雲に覆われてしまった

10時を過ぎたところで、北へ戻ってKONNOさんと合流し、2時間ほど湖上井戸端休憩。

陽が差し、気温は若干上昇。

このまま晴れてくれると、良いのだが・・・

と思った矢先に、また雲に覆われてしまった。



そして12時を過ぎたところで、後半戦スタート。

先ずは立岩から小杉方面へ。

三本杉でLKJ-130銀箔にチェイスがあったが食わせられず。

安沢さんはキクチミノーの金を使っていたので、金系で試しに叩いてもらったが、2度は出てこなかった。



ヘビ窪で今度は安沢さんのキクチミノーにチェイスがあったが、喰いつかず。

黒石から亀を叩いた後、再びヘビ窪に入ってみると、今度はLKJ-130銀箔にチェイス。

しかし、ダメ。



雪?

あれ?・・・雪?

14時過ぎになると、粉雪が降り始めてきた。



樹木園から胴切りへと叩いていくと、LKJ-130銀箔にチビブラウンがチェイス。

まぁ、反応があるだけ良しとしましょう。



再び南へ移動。

そして、三ツ石からトリカブト方面へ叩いていく。

犬の墓あたりで、今まで文章では上手く説明できなかったロッドとリールを同時に使ったアクションをゆっくりと実演して解説。

いざ、人に説明しながらやってみると、今まで無意識にやっていた細かい動作を自分で再確認でき、「あ、俺、ここで...こうやってたんだ...」という感じで、なかなか新鮮であった。



トリカブトまで来たところで、私のLKJ-130銀箔にようやくブラウンがヒット。

安沢さんに、できれば私がアワセを入れるところを見たい...と言われていたので、少し安堵。



46cmのブラウントラウト

で、46cmのブラウントラウトを無事ランディング。

取りあえず、船中ゼロだけは免れることができた。



白浜は湖面がマッタリしていたので、湖面がザワついている山のホテルから成蹊へと叩いていくことに。

ところが、再び雪が降りだしてきた。

しかも牡丹雪。

ただ、何とかキャストしたミノーに焦点を合わせたままでいられるので、そのまま続行。



しかし、その後はチェイスもなく・・・

時間になったところで、納竿・撤収。



船頭が悪くて、残念な結果になってしまい、スイマセン...。



これで2010年の芦ノ湖トラウト釣行は終了。

芦ノ湖で茶鱒を狙う場合、本当は4月が一番楽しいのだが、身体はひとつしかないので、こればっかりは仕方ない。

次に芦ノ湖に来るのは、6月か7月のKANZAKI-CUP....かな?




■HATTORI
■1Hit 1Get
■LKJ MINNOW 130F銀箔

■安沢さん
■0Hit


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ