2007.04.08 (sun) 05:30-17:00

芦ノ湖トラウトミノーイング。ようやく50UPブラウン。

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2007 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2007.04.08

茶鱒

特に意味はない....かも。


チョットワケアリ。


???





湖面鏡状態

さてさて、脳天気なワタクシ、懲りずにやってきました、芦ノ湖に。

先週は定時に出船できなかったが、今日は大丈夫そう。



というか・・・

見渡す限り、湖面鏡状態。

これじゃ、定時に出船できてもできなくても同じ...カモ。



出船

綺麗な湖面の中、5時半になったところで出船。

勿論今日も、ブラウン狙いでポイント直行。



立石湾内のドシャローを叩いていくと、40前後のブラウンが反転。

この湖面じゃ、ワシには喰わせることなど到底無理...カモ。



岩場に移動して叩いた後、七里から椿まで叩いていく。

早川からキャンプ場までは風で湖面がザワついているが、かなりの数のボートが犇めいているので入る隙間無し。

まぁ現在、200gの聖地と化している場所なので当然といえば当然...カモ。



一向に治る気配のないダメダメ君1号。

ここまでくると今更チビ虹で坊主逃れをしたところで焼け石に水。

意地でも茶鱒、とにかくLKJ-130Fで茶鱒。

なんて言ってる間に、シーズン終わりそうだけど。



深良に移動

椿手前で少し休憩しつつ、5分ほどNEW85Fのテストをしたあと、深良に移動。

キャストしても仕方ないので、エレキで鏡状態の深良の浅場を観察していると、コンディションの良い40半ばのバスが3~4匹、悠々と泳いでいる。

ワカサギもかなり群れている。



ブラウン狙い

10時頃になると、良い感じの風が吹き始めてきたので、ブラウン狙い再開。

亀から黒石、樹木園周辺、立岩から小杉、蛙から仏、プリンス周辺、ヒルガからブンザと回って・・・

その中で空いているところだけ130Fで叩いていく。

しかし、ブラウンが出てきたのはプリンス周辺の1匹のみ。



そして大島を叩いた後、三ツ石へ。

三ツ石から犬の墓へと叩いていくと・・・



グンッ・・・バシャバシャバシャ・・・



ポロっ。




終わった...。

ここ最近のダメダメパターンだ。

多分、このまま3倍速で時間が流れていき、あっという間に撤収時間を迎えるのだろう。

そして、今日もペプシを飲むことに...。



取りあえず、風はまだ吹いているので、平岩から箒、ポンプから百貫、プリンス周辺、仏周辺、立岩から小杉・・・

と、ブラウン狙いで叩いていく。



ブラウンがヒット

三本杉の手前まできたところで・・・

LKJ MINNOW 130Fに、再びブラウンがヒット。



ところが・・・



ポロっ。







49.5cmのブラウン

とはならず、今回は無事に49.5cmのブラウンをランディング。

ふう~....ホッとひと息。



三本杉を過ぎた頃には風が無くなって、湖面がマッタリしてきてしまったが・・・

そのままブラウン狙いで小杉方面へと叩いていく。



すると・・・

ヘビ窪辺りに来たとき、着水後のツーアクションくらいで、グンっ...と反応あり。

すかさずアワセてみるが、乗っていない。

どうやら、喰いつく寸前で反転したようだ。

魚がミノーのすぐ脇で反転すると、魚がミノーに触れていなくても、「グンっ」という感触が伝わってくることがある。



ミノーを回収せずに、そのままアクションを続けていくと・・・

再びブラウンがチェイスしてきた。

今度は、茶色い魚体がミノーに反応しているところが良く見える。

ワクワクしながら、少し強めのアクションを入れると・・・



ヒット

ガツン!

そのブラウンが喰いついた。



どうやら今日は、ダメダメ君1号でも騙せるオサカナが居るらしい。

アリガタイ、コトデス。



47cmのブラウン

難なくランディングした魚は、47cmのブラウン。

嬉しい。



その後も、調子に乗ってLKJ-130Fで叩きまくっていくダメダメ君1号。

小杉ノ鼻周辺まできたところで、近距離から岸際にチョイ投げ。



すると、マッタリとした湖面の中・・・

突然、深場からブラウンが猛スピードでチェイスしてきて・・・



深場からブラウン

ボートのすぐ近くでLKJ130Fに・・・ガバっ!

最高。



そして、ランディングと同時にフックが・・・ポロっ。

ふぅ~....危機一髪という感じ。

危ない危ない。



52cmのブラウン

で、今度は52cmのブラウン。

はぁ~....スッキリ。



調子に乗って、第2ラウンド開始。

しかし、その後は魚の反応が全く無くなってしまった。

そこまで上手くはいかないようだ。



そして時間になったところで・・・納竿・撤収。



イケス

やっと。

やっと、マイナスからゼロ近くまで戻ることができた....のかな?

地上はもうすぐ....なの?



しかし・・・

次回はダメダメ君2号と同船予定。

再び地中に引き戻されてしまうのか?



次週4月15日釣行予定の善良な釣り人の皆様、

巨大な負の塊となって迷走するボートにご注意くださいませ。



イエモン

Good-bye PEPSI.

コンニチハ、イエモン。













■HATTORI
■4Hit 3Get
■LKJ MINNOW 130F銀箔
■ロッド:fenwick GFS 75S MH-2J Golden Zenith
■リール:SHIMANO '06 TWINPOWER Mg C3000
■ライン:Laiglon TOURNAMENT 13LB


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ