2007.04.01 (sun) 07:15-17:00

濃霧の芦ノ湖。7時過ぎにようやく出船許可が出る。

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2007 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2007.04.01








さてさて、気が付けば、もう四月。

で、今日から出船時間が午前5時半に。



濃霧

しかし・・・

濃霧の為、出船許可が下りず。



のんびりお茶

漁協からの出船許可が出るのを待ちつつ、のんびりお茶。

まぁ、こんな霧の中に出船したところで、岸が見えなければキャストもできないので、出るだけ無駄。

というか、ポイント移動すらできないだろう。



出船

午前7時過ぎになると、ようやく霧も晴れ、出船許可が出たので、いざ出船。


ところが・・・



再び濃霧

出船直後に再び濃霧に包まれてしまった。

まるで、今のワタクシを物語っているような、一寸先も見えない白い闇。



取りあえず、コンパスを見ながら七里へ行き、視界が開けるのを待つことに。

勿論、こんな濃霧の中では、虹狙いならまだしも、ブラウン狙いのワタクシ、キャストなんて出来ません。



少しの間、ボーっと待っていると、再び霧が消えてきたので、ブラウン狙いでキャスト開始。

しかし、茶色いオサカナ・・・出てきません。



北部のポイント

今日の芦ノ湖は予想以上に混雑していたので、南部には殆ど行かずに、北部のポイントをひたすら130Fで叩いていくことに。

流石に前回の平日釣行時のようには魚は出てこないが、暫く人が叩いていないポイントからは僅かながら反応はある。



夕方、そこを重点的に叩いて・・・ウッシッシッ!

などと、相変わらず楽観的思考のダメダメ君1号。

妄想の自由。



湖面鏡状態

ところが、夕方になると、風が止んでしまい、湖面鏡状態に。

勿論、こんな状態で魚を出すことなんてできません、ワタクシには。



で、南部へ移動して、若干風のある山のホテルから成蹊手前まで、ブラウン狙いで叩いていく。

反転すらありませんでしたが。



こちらも湖面鏡状態

再び北へ戻りつつ、立岩から様子を見てみるが、こちらも湖面鏡状態。

僅かにそよ風が吹いた時に、チビ茶が喰いついたが・・・・ダメ。



その後は再び・・・見渡す限り、マッタリした芦ノ湖。

残り時間15分、唯一湖面が揺らいでいる早川で時間を潰して、本日納竿・撤収。



アルビノ虹鱒

桟橋に戻ると、KONNOさんの生け簀には鯉・・・ではなくて、アルビノ虹鱒。

ポイントは庭石ということなので、2週間くらい前にヒルガで見かけた2匹のうちの1匹かな?



ペプシ

さてさて、ダメダメ君1号は未だトンネルから抜け出せません。

というか、出る気があるんでしょうか?



待てよ・・・

もしかして、ここが、このトンネル内こそが、ワタクシの本来居るべき場所だったりして。

そういえば最近、何だか居心地が良くなってきた気がする。

う~ん、妙に納得。




■HATTORI
■1Hit 0Get
■LKJ MINNOW 130F銀箔


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ