2000.08.10 (thu) 06:00-13:30

佐島のつね丸乗合船でペンペン158本...

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2000 /  シイラ釣行 »  2000.08.10

MIURAさんと三浦半島の佐島から相模湾シイラ釣行。

さてさて、今日はどうなるのかな?



佐島

天気予報では風が強いようだったが、実際はほとんど風がなく凪であった。

これは期待できる?



つね丸乗合船

今日の宿は佐島の「つね丸」。

先ずは城ヶ島パヤオでキャスト開始。

他船は1艘のみ。

そして得意のAMS12の高速ショートトゥイッチで難なくペンペン10GET・・・。

MIURAさんもAMF12でペンペンをGET。



そして船は大物探して移動。

しかし、着いたところはとんでもないポイントだった。

「きた~11本目!うっ・・・ペンペン」

「きた~12本目!またペンペン・・・」

「きた~13本目!ペンペン・・・」

まさに1キャスト10バイト状態。



しかし・・・

全てペンペン。



他の人のルアーには反応が悪いが、私のAMS12高速ショートトゥイッチには10匹位がいつもバイトしてくる。

掛かった魚がバレてもすぐに周りの魚が喰いついてくるのだ。



さすがに29本目にもなると面白くなくなってきたので、ルアーを他のものに変えると・・・

動きが高速ショートトゥイッチに向いていない?為か、反応が悪い。



試しに今度は「AMS12改」にチェンジすると・・・

「きた~30本目!またペンペン・・・」

「きた~31本目!今度こそ!・・・残念・・・ペンペン・・・」



他のアングラーが1本釣る間に、私は8~10本ペース揚げていく。

さすがに腕がパンパンだ。

中乗りさんも「どうやって釣ってるんですか?他の人にも教えたいので。」と聞いてくる始末。

もちろん、こうやって・・・と、実釣で説明。



そんなこんなが延々続き・・・

「きた~89本目!またペンペンか・・・」



もちろん、釣ったペンペンをいちいち船には揚げず・・・

カツオの1本釣りの要領で、空中で外していく。



それで外れない時だけ、船上で外していたが・・・

流石にこの数になると・・・

フックを外す時に魚が暴れ・・・

10回以上、手にバーブレスフックが刺さってしまった。(泣)



・・・・・・



そして3時間位経過し・・・

「ふ~、またきた~101本目!またもやペンペン・・・」

ということで、101本目を釣った時点で移動。



しかし、何度移動しても同じ状況に・・・

船長も中乗りさんも茫然。



「ふ~、またきた~156本目!ペンペン・・・」

「はいはい157本目!・・・ペンペン・・・」



アホか、俺は・・・。



そして13時半過ぎ、私が158本目のペンペンを釣ったところで、納竿・撤収。

まさか1日でペンペンを158GETするとは。

ワカサギじゃないんだから・・・。



この日、船中12人で220本位のペンペンが揚がったようだ。

私に釣果が集中してしまったのは、

私が見ていた範疇では、12人中、8人がルアーをあまり遠くにキャストできず、アクションもほとんどがただ巻き。

まぁ、初心者の女の子もいたし。

そして、他の2人は高速ただ巻きや中速ジャークで攻めていた。

で、12人が釣る分量がほとんど私にきてしまったようだ。



ペンペン158本・・・

まぁ、普通では考えられないようなホントの話。(笑)



でも・・・

こういうのは1度だけでいいや。




■HATTORI
■158Get
■AMS12 / AMS12改 / AMF14

■MIURA
■16Get
■AMF12 / JERK BAIT


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ