2000.08.05 (sat) 06:00-13:00

NAKASHIBAさんの誘いでBattle Dolphinに参加して108cm!

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2000 /  シイラ釣行 »  2000.08.05

NAKASHIBAさんの誘いで「Battle Dolphin 2000」に参加。

「Battle Dolphin」とは、平塚RISE主催のシイラ大会で、参加費が8.000円、もちろん乗船料込み・・・



まぁ早い話、通常の乗船料のみで、最後に参加賞の賞品をもらえる・・・

ということなので参加することにした訳である。



今回の参加人数は90名程で、船宿は平塚の庄治郎丸。

そして、私とNAKASHIBAさんは6号船に乗船。

その6号船には原田佐敏氏が乗船する為、スカパーの釣りビジョンや釣り新聞等の紙面の取材陣も同乗することになっているようだ。



大会のルールは、キープは70cm以上で1人1本のみ。

1本キープした場合は、たとえそれ以降に更なる大物を釣ったとしても入れ換えはできない。

また、キープ後にデッドフィッシュをだした場合は失格。



ということで、「Battle Dolphin」スタート!



シイラ日和

快晴!無風!ベタ凪!まさにシイラ日和!

シイラ釣行回数はまだ少ないが、こんなに良い天気は初めてである。

過去の釣行は何故か強風だったり、雨だったり・・・いまいち天気に恵まれなかった。



NAKASHIBAさん

平然を装いつつも・・・



HATTORI

実は大物を狙ってたりする?(笑)



クジラ潮吹き

プシュー!!!


おや?



クジラ

あっ、クジラだ!

今回もクジラに遭遇!

今回のクジラは前回のものよりも大型種だ。

ラッキー!

という訳で、しばしのホエールウォッチング。



そして最初のポイントに到着。

皆一斉にキャスト開始!



しばらくすると、NAKASHIBAさんのK-TENに最初のヒット!

しかし、水面に顔を見せたのは40cmのペンペン・・・



続いて、私のAMS12にもヒット!

しかし、60cmのペンペン・・・



再びNAKASHIBAさんのSARUNA MAX147Fにヒット!



SARUNA MAX147Fにヒット

おりゃ~!!!


でも・・・



60cmのペンペン

やっぱりペンペン・・・。

と言う訳でNAKASHIBAさん、またもや60cmのペンペン。



船は大物を求めてキャスト&移動を繰り返す。

しかし、今日はプレッシャーが高いようだ。

魚は船の近くまで追ってくることが少なく、大体が10m先位で反転してしまう。

なるべく遠くで喰わせるしか無いようだ。



AMS12をなるべく遠くに飛ばすため、フルキャスト&高速ショートトゥイッチを繰り返す。

ただ、私たちの釣り座は胴なので、結構フルキャストが大変である。





ゴン!!!





ジイィィィィ!!!





いきなり私のAMS12にヒット!

この引きは明らかにエイでは無い!(笑)

強烈な引きから、良型と確信。



ペンペンとは違う強烈な突っ込みにドラグが悲鳴をあげ、ラインがどんどん出されていく!

そして遠くでシイラがジャンプ!





でけぇ!!!





周囲のアングラーのざわめきに、船中が注目。

そして、「みんな~、ちょっと投げないで~!」という原田氏の一言で、6号船は私とシイラの1対1の勝負に。

スカパー釣りビジョンのカメラもひたすら私と魚のファイトを撮っている。



メーターオーバーとファイト

これでバラしたら・・・みっともねぇな~・・・

などと思いつつ、必死に応戦。



ドラグは2キロに設定しておいたが、これでは時間がかかりすぎてしまうので更にきつく締める。

そして何とか船の近くまで寄せるが、今度は船の下に潜り込もうとする。

ラインが擦れたらアウトなので身を乗り出して必死に堪え、船の下から引きずりだす。



ようやく魚を浮かせると立派なオスのシイラが姿を現した。


そして・・・



108cmの雄シイラ

108cmの雄シイラを無事GET!



撮影に協力

一応、スカパー釣りビジョンの撮影にも協力。

船中、初メーターオーバーなので、他に撮るものがないんでしょう。

そして、「この後、少しインタビューさせてください」というので了承。



「おめでとうございます。先ずはタックルから教えてください。ロッドは何ですか?」

『ジャクソンのホットスタッフです。』

「ヒットルアーは何ですか?」

『ジャクソンのアスリートです。』



10分くらいのインタビューを終えたあと、ふと思い出す。

RISE主催の大会ということは・・・

アンリパ・・・PALMSか。(笑)



船中を見渡すと、私とNAKASHIBAさん以外は、ほとんどの人がPALMSのロッドを使っている。

こりゃ、ボツだな。(笑)



しばらくメーターオーバーの余韻に浸りながら、一服。

今日はもう満足である。

しかし、下船までまだ3時間以上も残っているので、気が向いたらキャスト・・・

などという、余裕の釣りを楽しむことに。(笑)



暫くすると、NAKASHIBAさんのSARUNA MAX147Fにヒット。

先程よりもサイズアップした70cmのシイラをゲット。



私のAMS12にも再びヒット。

デッドにしたら失格なので慎重にやり取りし、70cmのシイラをゲット。



しかし!ここでNAKASHIBAさんのリールにトラブル発生!

なんと、ラインローラーが取れてしまったのだ!

一体、どういう構造してるんだろう?

ラインローラーが取れるなんて・・・。



予備リール

ということで、私の予備リール?のバイオマスター4000を貸してあげることに。

シイラにはちょっと・・・いや、かなりパワー不足だけど。



そして時間も過ぎ、本日最後となるポイントに。

ところが、ここの魚影は半端じゃなかった!

メーター級の姿が何匹も確認できる!



しかし・・・

すでに3~4艘のシイラ船に叩かれており、完全にスレきって深いところに沈んでいる。



「ここでまたメーター釣っちゃったらどぉ~しよぉ~」

「さっきのよりデカかったら悔しいよなぁ~」

などと、自分勝手な戯言をぬかしつつ・・・キャストを繰り返す。



すると、私のAMS12のショートトゥイッチにヒット!

これもデッドにしないよう慎重にやり取りし、70cmのシイラをゲット。



そして終了寸前に、大トモでキャストしていた人の「ジグヘッド+ワーム」にメーター級がヒット!

そこで我々全員納竿し、最後のファイトを見守ることに。



20分以上の格闘の末に揚がってきたのは、130cm位のメスのシイラ!

これはデカい!!!

ちなみにこの魚が今回の優勝魚となりました。



で、大会結果はというと・・・

1位=127cm、2位=127cm(重量差)、3位=119cm、4位=105cm・・・



と言う訳で、私の魚は死後硬直105cmで、ラッキーなことに4位入賞となりました。



表彰式

表彰式の様子&頂いた賞品。

「運8割・実力2割」って感じ?



そして表彰式の後は、恒例の豪華賞品じゃんけん大会!

NAKASHIBAさん!Tomyさん!頑張れ~!



しか~し!



じゃんけん大会

両人とも・・・玉砕!!!


ということで、ラッキーな1日(私だけ?...笑)は無事終了。



******************



数日後、出勤途中に駅の売店の前を通ると、釣り新聞が目に入った。

折ってあるので良く見えないが、1面がシイラの写真。



「赤いグローブかぁ。俺のと似てるなぁ。」



その釣り新聞を手に取ってみると・・・



ルアーニュース

おいおい、俺じゃねえか。

載せるなら、最初に一言あってもいいのに。

まぁ、別に構わないけど。




■HATTORI
■4Get
■AMS12

■NAKASHIBA
■3Get
■K-TEN 99EX 115 / SARUNA MAX147F


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ