2005.01.15 (sat) 02:00-05:10

野島周辺に釣行、先行者が居ない絶好のコンディション!

 

by NAKASHIBA

Home »  Fishing Report »  2005 /  陸っぱりシーバス釣行 »  2005.01.15

1月15日午前2時、ポイントを絞り野島周辺へ。



弱い雨が降っているが、風はそれほどではない。

先行者が居ない絶好のコンディション。

ど干潮が近く潮位が低い状況。



アスリートDF10.5、アスリートS9、アスリートリーベイト9と、表層から中層、低層と船道のかけ上がりを探っていく。



しばらく続けるが反応が無いためゴロタ側に移動。

岸際に向かって歩いてゆくと



”あっ”



海苔の生えた岩ですべり転んでしまい、その際に突いた左手が牡蠣蛾殻で切れて血だらけに。



”まいったなぁ。ついてない、ぶつぶつ・・・”



一時退却。

近くのコンビニに向かい手を洗い、バンドエイドで応急処置をして戻り、最初の船道のポイントへ。



今度はシルバークリーク11fをキャスト。

しばらく続けていると、ゴロタ側から他のアングラーが。


”どうですか?”

”釣れないねぇ。”

”この辺メバルも釣れるんですか?”

”さあ、どうでしょうか。”


そのまま歩いてどこかへ行ってしまった。

だって分からないのだ。



しばらくすると今度は2人組みがヘッドライトを付けたままやってきて、そのまま何も言わず隣でキャストを始めた。

ヘッドライトで海面を照らし、なんとも思わないようだ。



”しょうがないなぁ。どうして消さないのかなぁ。ぶつぶつ・・・”



今日は本当についてない。

仕方なく大幅移動。

考えていたもう一つのポイントへ。



キャストしてリトリーブするとけっこう流れが強くなっている。

その流れを利用して障害物の間際を通るようコントロールする。



”釣れそうなんだけどなぁ”



いいかげんあきらめかけた頃、障害物脇を過ぎてかなり先、

ルアーが見えるか見えないかという距離、

突然ロッドに重みが加わった。

と同時にラインが引き出された。



”来た!?”



反射的にあわせるとずっしりした重量が加わった。

数メートル先でエラ洗い。



”シーバスだ!”



”バラすなバラすな”



ゆっくり慎重にやり取りをしランディング成功。



68cmのシーバス

午前5時1分シーバス68cmゲット。

ようやく1ゲット。

しかし大満足。



まだまだ釣れそうな気配たっぷりではあったが、あとは次回に残すこととして、5時10分納竿とした。



http://blog.minnowing.com/

↑ このブログは、昨年末のLKJ忘年会で「やっと完治したので、来年からは前みたいに釣行しますよ~!」ということで作ったNAKASHIBAさん専用の修行釣行ブログです。




■NAKASHIBA
■1Hit 1Get
■SILVER CREEK MINNOW II 11F