2003.02.23 (sun) 07:00-13:20

芦ノ湖ルアー限定特別解禁2003にリハビリ釣行

 

by NAKASHIBA

Home »  Fishing Report »  2003 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2003.02.23

~リハビリ釣行~


もうロッドを握れなくなって何ヶ月になるのだろうか。


入院中待ち焦がれていたこの日をようやく迎えた。

そう、私は昨年11月に倒れて1月半ばまで入院していたのだ。



というわけで、午前5時頃やまびこに到着。

手続きを済ませ身支度をはじめる。

6時30分荷物をボートに積み込みに行く。



桟橋

夜は白み始め、桟橋は出発前の釣り人で賑っていた。

がらにもなく縁起を担いで7番のボートに乗る事とする。

せんべいをかじりつつスタートを待つ。



花火が鳴りスタート。

予定通りローボートの限界と言われている九頭龍に向かう。

しかし気になって途中のポイントでアンカーを打たずキャストしてみる。

この日のために製作しておいたBORA-X芦ノ湖用をキャスト・・・・。



”へっ???”



なんだか腕の感覚がおかしい。

BORA-Xはクルクル回り10m程先に着水。




”なんだこりゃー!”



入院生活で弱った腕のせいか、まともにキャストできない。

周りの目も気になって余計にやりづらくなってしまった。



しかし気にしないようにして、数投するうちにだんだん慣れてきた。

するとBORA-Xをチェイスするのが見えた。



”よしっ食えっ!!”



しかし、見切られたのかヒットには結びつかない。



魚っ気もなくなってきたので、予定通り九頭龍へ。

しかし、先行者で一杯で釣り座が取れない為、手前の防ヶ沢の先端のシャローに入る。



BORA-Xをキャストするが反応が無い。

時折魚が跳ね、魚っ気は十分。

しかしアタリは無い。



8時半を過ぎ、魚の跳ねも無くなってしまった。

やはりBORA-Xではダメなのだろうか。

そうだ、今日は無理を押しての釣行の為、家族の手前ボウズで帰る訳にも行かないのだ。

しかし、今日はBORA-Xの試釣の目的もあるのだ。



”うーん。”



しかし、あっさりとあきらめ、ルアーをサラナ9.5Fにチェンジ。

キャストするとなかなか良い感じで飛んでいった。

そして着水後リールを5、6回巻いたところで糸がふけるようなアタリが。

慌ててあわせると魚が跳ねヒット。



”なんてこった”



周りの視線を感じながら慎重にやりとりをする。

ヒットしたときは小さいと思ったが、なかなかの型のようだ。

近くに寄ってからも数回走られるのをかわしようやくネットイン。



レインボートラウト50cm

AM8時51分レインボートラウト50cm。



気を良くして更にキャストするもその後アタリ無く、

九頭龍の方を見るとみんな移動したのか人気が減っていた。



そこで早速移動。

入り江の中央にアンカーを打つ。

時折魚が跳ねとても良い感じ。

今日はもう此処で粘る事とする。

のんびりキャストしつつ風を待つ。



ところがここで不測の事態が・・・。



おなかの急降下が私を襲う。

こうはしていられない。

仕方なくやまびこに戻りトイレに急行。

なんとか難は逃れた。



その後、昼近くなり再出発するが、状況は更に厳しく、サラナで一発バラした他は反応も無く、

上がり予定の1時20分を過ぎたので納竿とした。



BORA-Xがダメだったのか、それとも全体的に厳しかったのか。

朝一番のあの釣れる時間帯にサラナを使っていたら・・・。



釈然としない思いで陸に上がると、

おばちゃんにどうだったか聞かれたので、50cmが釣れた事を話すと写真を撮ってくれた。



ニジマス50cm

後でやまびこのHPを見ると、マヌケ面の自分がなんとなく首を傾けて、釈然としない思いと疲れを感じさせる顔で写っていた。

まあ、たまにひょっこりやってきて、型を見られたんだから良しとしないと。



次は一体いつ釣りへ行けるのだろうか。




■NAKASHIBA
■2Hit 1Get
■SARUNA 95F


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ