2000.07.30 (sun) 06:00-11:30

平塚の庄三郎丸乗合船で相模湾シイラ釣行

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2000 /  シイラ釣行 »  2000.07.30

平塚の庄三郎丸乗合船で相模湾シイラ釣行。



北さん

今回のメンバーはMIURAさん、KANZAKIさん、B-YOKOYAMAさんと弟子の北さん、そして私の5名。



相模川河口

少し早めに到着。

B-YOKOYAMAさんと北さんは、時間つぶしに相模川河口でキャスト。(笑)



そしてタックル等々の準備を始めようとした時、奇妙な箱が目に入ってきた。



携帯の箱?

「KANZAKIさん・・・なんで携帯の箱があるの?」


『あ、それ、私のタックルボックスです』


その携帯の箱を開けてみると・・・



タックルボックス?

そこにはルアーが・・・(笑)



「でもコレ、波飛沫かかったらアウトだね。(笑)」


『あっ!そうですね~!』



そして、"お約束の朝のひと笑い" を済ませた後、6時に出船。

さすがに休日だけあって人が多く、隣人とロッドがぶつかりそうな状態だ。

風も予報より強く、河口の波も普段よりも高い。

そして駄目押しが「今日は海の状態が悪いです」という船長の一言・・・。



沖に出ると段々風が強くなり、うねりが強くなってきた。

浮遊物も不発の連続でペンペンすら見えない。



そしてようやく小規模なペンペンの群れが見つかり、KANZAKIさんが50cmに満たないペンペンをゲット。

1年越しのリベンジはこれにて完結。



その後も不発の連続、姿見えずで、先週同様、荒波航海が続く。

キャスト&移動を繰り返し、どの位経ったであろうか。

ようやく、数匹のペンペンを確認。



ここでB-YOKOYAMAさんが50cm台のペンペンをゲット。

これが、B-YOKOYAMAさんのシイラ初ゲットである。



塩水シャワー

風は更に強くなり、先週と同様に塩水シャワーを全身に浴びてしまう。

船はひたすら走り続け、その先に見えるものは鳥山と他のルアー船。



もしや・・・

シイラを諦めて、サバ釣りになってしまうのか?



予感的中!



その後はひたすら鳥山追いかけサバ狙い。

でもまぁ、この天候じゃ仕方ないか・・・。



すると北さん、謎のルアーでサバ爆釣。

私もAILE S9でサバ、さば、鯖・・・。

MIURAさんもKANZAKIさんもYOKOYAMAさんもサバ・さば・鯖。

辺り一面サバだらけ。

まるで辰巳のボラみたい。



笑いながらふと水面を見ると、数匹のペンペンを発見。

すかさずAMS12をキャストすると、すぐにヒット。

そして50cm台のペンペンをゲット。



しかし・・・

その後は再びサバ・さば・鯖...。



結局そのまま帰路につき、途中で3回ほどキャストするもシイラの姿無し。

12時、納竿・撤収。



船宿で話を聞くと、別船の方はメーター級が一度だけ「反転」したらしい。

私も見たかった...。(笑)




■HATTORI
■1Get & サバ多数
■AMS12

■MIURA
■0Get & サバ多数

■KANZAKI
■1Get & サバ多数
■Aile MAGNET DB125

■B-YOKOYAMA
■1Get & サバ多数
■Aile MAGNET F125


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ