2009.03.28 (sat) 05:40-16:30

新タイプのLKJ-130FDのテスト版で何とかブラウン。

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2009 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2009.03.28

今シーズン最後の芦ノ湖トラウト釣行。

本日はダメダメ君2号のKANZAKIさんと同船。

現在の芦ノ湖は4月に叩きたいのだが、4月は山奥で岩魚探検をする予定なので仕方ない。



KANZAKIさんと同船

午前6時に出船。

先ずはKANZAKIさんに釣っていただくため、ニジマス狙いで早川周辺へ。

早川周辺でニジマスを狙うのは今年初めて。



私はLKJ-85F金箔、KANZAKIさんはLKJ-85FのKANZAKI-SPをキャスト。

10分ほどで、私の85Fに極小ニジマスがヒット。

高速ゴリ巻きして寄せると、ナチュラルリリース。

まぁ、良いか。



キャスト再開すると、再び私の85Fに極小ニジマスがヒット。

で、高速ゴリ巻きして寄せると、船際ナチュラルリリース。

まぁ、良いか。

いや・・・ペプシ逃れで1匹は上げておかないと。



暫く、沈黙が続いたので、少しだけキャンプ場寄りに移動。

そしてキャスト再開すると、私の85Fにまたもや極小ニジマスがヒット。



30cmクラスのニジマス

予想通り、30cmクラスの200gかな?

これで取りあえず、ペプシではなく、温かいお茶が飲めそうだ・・・ホっ。



睡魔と戦いながらキャストしていたKANZAKIさんに、ようやくアタリがあったようだ。

いきなり、アドレナリン大放出でやる気満々のKANZAKIさん。



しかし・・・



KANZAKIさん、マイペース

それも長くは続かなかった・・・ようである。

ダメダメ君2号のKANZAKIさん、マイペース。



その後、同サイズの極小ニジマスを2回ナチュラルリリース。

待てよ・・・こんなとこでバラシ癖をつけたらマズイか?

ふと、我に返るダメダメ君1号のワタクシ。

まぁ、良いか・・・と、マイペースな私も暫くの間、朝飯休憩。



「KANZAKIさん、そろそろブラウン狙ってもいい???」

『あっ、良いですよ!』



その言葉を聞いた瞬間、すぐさまエンジン始動。

流石に湖尻のニジマス狙いは飽きてきた。



先ずは立岩~亀まで、LKJ-130F銀箔のブラウン狙いで叩いていく。

反応無いまま、樹木に移動してプリンスまで叩いていく。

その間、仏周辺でチェイスがあったが食わせられず。



南部をチェックしに行ったが、要所要所に先行船。

人の居ないところを探して叩いてみたが・・・ダメ。



南部を諦めて、立岩から亀方面へと叩いていくことに。

ここからは先週完成した新しいタイプのLKJ-130FD金箔のテストを兼ねて叩いていく。

泳ぎは思ったよりも良い感じだったが、もう少し改良しなければダメだろう。

この程度の泳ぎだったら、他に代用品があるだろう。

やはり、「コイツでなきゃダメ」というミノーに仕上げなければ意味がない。

まぁ、自作ミノーは自己満足の世界だし。



ゴゴっ!!



LKJ-130FD金箔に喰いついた魚は、まあまあの重み。



48cmのブラウン

で、LKJ-130FD金箔テスト版の初魚は、48cmのブラウン。

このくらいの泳ぎでも食っちゃうんだよなぁ....というのが、正直な感想。

でも、改良点は判ったので、OKでしょう。



午前6時に出船

2号KANZAKIさんと3号KONNOさんのツーショット。

手に持っているのは、勿論「PEPSI ZERO」

今日は気温がかなり低いから、美味しくて美味しくて、「胃が痺れる」だろうなぁ~。



これで、今シーズンの芦ノ湖トラウト釣行は終了。

次回からは岩魚探検の予定。




■HATTORI
■6Hit 2Get
■LKJ MINNOW 85F金箔 / 130FD金箔

■KANZAKI
■0Hit


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ