2009.03.08 (sun) 06:00-16:00

昨年よりもブラウンの反応があるだけ、まだ良いのかな?

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2009 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2009.03.08

本日は芦ノ湖に単独釣行。

前回の釣行からみても、かなり厳しそうな感じである。

ただ、昨年よりもブラウンの反応があるので、まだマシなのかな?



無風マッタリ湖面鏡状態

午前6時に出船したものの、無風!マッタリ!湖面鏡状態!

取りあえず、少しでも湖面が揺らいでいるところを探して、朝から迷走。

しかし、湖全体に観光客が喜びそうな静かな湖面が広がっている。



ハイ、休憩。



10時過ぎになると、ようやく風が吹き始めてきた。

そこで、亀~立岩、胴切り~庭石まで、ブラウン狙いで叩いていく。

しかし、全く反応無し。



養魚場から山のホテルまでは他船と陸っぱりが居たので、三ツ石に移動してトリカブトまでLKJ-130Fで叩いていく。

反応無いまま、平岩に移動してムジナ、ポンプ、百貫と叩いていくが、今日は前回のようなチェイスが無い。



う~ん、厳しい。



再び立岩に戻り、女郎まで叩いてみることに。

風は立岩から小杉方面へと吹いている。



グンっ。


おっ!


グネグネ・・・・ポロっ。


Oh Nooooooo!!!!



ヤバイ・・・

ワンチャンスを逃してしまった...。

今日は終わったか?



湖面状態は良い感じ

昼過ぎになると、風も若干強くなり、湖面状態は良い感じ。

しかし、太陽は雲の中に隠れてしまい、気温は下がっていく。

私の経験上では、シーズン初期のブラウン狙いは晴れている方が良かったりする。

まぁ、こればっかりは仕方ない。



再び南部の様子を見に行ってみるが・・・撃沈。

で、北部に戻って九頭龍・防ヶ沢周辺をブラウン狙いで叩いていく。

しかし、全く反応無し。



暫くすると、再び陽が差してきたのでプリンス~仏、立岩~黒石、樹木園~胴切りと叩いていくと・・・



グンっ!



待望のヒット。

今度バラしたら終わりだろう。

ということで、慎重に魚を寄せて、無事ランディング。



41cmのブラウン

LKJ-130Fに喰いついたのは、41cmのオスのブラウン。

前回程ではないが、今回のブラウンも一応ヒレは綺麗である。

今年はこういう魚が多いのかな?



フックを全て交換し、ラインを2ヒロほどカットしてミノーを結び直し、キャスト再開。

すると、2投目で再びヒット。

今度の魚は先程よりも元気が良いが、重みは大して変わらない。



43cmのブラウン

ランディングしたのは、43cmのメスのブラウン。

お日様、万歳。



再び、やる気モード全開で叩いていくが・・・その後は反応無し。

そして16時に納竿・撤収。




■HATTORI
■3Hit 2Get
■LKJ MINNOW 130F銀箔
■ロッド:fenwick GFS 75S MH-2J Golden Zenith
■リール:SHIMANO '06 TWINPOWER Mg C3000
■ライン:Laiglon TOURNAMENT 13LB



  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ