2008.03.04 (tue) 06:00-16:30

2008年の初釣行は雪の降る芦ノ湖でトラウト狙い。

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2008 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2008.03.04

2007年は1回も陸っぱりシーバスに行かずに終わってしまった。

で、今年は陸っぱりシーバスに行こうと思っていたが、気が付けばもう3月。

結局、今年も陸っぱりシーバスに行かずにトラウトシーズンを迎えてしまった。



で、本日本年初釣行。

前夜まで仕事のスケジュールが微妙だったのでボートの予約はしていなかったが・・・

釣行できることになったので、本日釣行予定だったKONNOさんに同船させてもらうことに。

KONNOさんとは中禅などの他所では何度も同船しているが、芦ノ湖では初めての同船である。

奴もダメダメ君に感染するかも?



久しぶりの箱根道を走っていると、辺りは雪景色。

ところどころ、道路にも雪が残っていた。



出船

準備を済ませ、午前6時に無風の中、出船。

取りあえず、誰も居ない湖面鏡状態の九頭龍に入ってみる。



「3投して出なかったら直ぐに移動しよう」



で、3投して移動。

フライやスプーンならともかく、この状態で表層ミノーでは厳しいでしょう。

私の腕では。



湖面マッタリ

立岩から小杉まで、誰一人入っていなかったので、取りあえずお魚チェック...ということで、叩いてみる。

しかし、ブラウンの姿は見えず。

前夜、5時間くらいまとまった雪が降り続けたそうなので、太陽が出て気温が上がってからが勝負かな?



風待ち

まぁ、焦ることはないので、ノンビリ行きましょう・・・

ということで、いきなり風待ち&気温上昇待ち休憩。

ピンポイント天気予報では、「今日は夕方まで晴れる」ということだし。



大粒の牡丹雪

あら?....あらららら?....

雪が降ってきたぞ。

しかも、積もりそうな、大粒の牡丹雪。

まぁ、山の天気なんて、そんなもんでしょう。



キャストしても、視点が雪に合ってしまい、ミノーが何処に飛んだのか分からなくなってしまうので、取りあえずブラウン狙いは中断。

そして、360度ポイントである九頭龍に移動。

若干の風で湖面がザワついたところを狙ってキャストしていると・・・



塩焼きサイズのニジマス

私のLKJ-85F金箔に塩焼きサイズのニジマスがヒット。

45cmのニジマスでも、取りあえず精神安定剤にはなる....カモ。

取りあえず、この寒さの中、ペプシは飲まなくて済んだ。



空が明るくなってきた

昼頃になると・・・

雪は止み、空も明るくなってきた。

よしよし、このまま晴れて、気温が上がってくれ!



しかし・・・



再び雪

願い虚しく・・・

再び暗くなり・・・

雪が降り始めてきた。



ただ、風は少し吹き始めてきたので、山のホテルまで一気に移動。



え"っ・・・

今日って、3月4日だよね?

なんでこんなに人が居ないの?



ガラ~ン。



まだ解禁して4日目なのに、成蹊には陸っぱりの方が二人だけ。

ボートもほんの僅か。



期待しつつ叩いていくが、山のホテルから庭石まで、ブラウンの反応はゼロ。

やる気なさそうなユラユラ追いすら無い。



その後、箱根園から仏まで叩いてみても、ブラウンの反応はゼロ。

ここでも、やる気なさそうなユラユラ追いすら無い状態。



亀ヶ崎

立岩から亀ヶ崎まで叩いてみても、ブラウンの反応はゼロ。

深良から七里まで叩いてみても、ブラウンの反応はゼロ。

樹木園から防ヶ沢まで叩いてみても、ブラウンの反応もニジの反応もゼロ。



厳しい。



椿からキャンプ場はパス。

再び黒石から亀まで叩いたところで、タイムアップ。



出船

「この寒い中、車もまだ暖まってない中で、ペプシは胃に優しくねぇよ・・・」

by ダメダメ君3号・KONNO(新人)



次回は3月9日、ダメダメ君2号のKANZAKI氏と同船予定。

勿論、ボートは「D船」。

きっと巨大な負の塊となって湖上を右往左往することでしょう。

善良なアングラーの皆様、お気を付けくださいませ。



P.S.
喜べ、ダメダメ君2号のKANZAKI君、後輩ができたぞ。
3号のKONNO君をよろしく頼む。
9日も来るそうなので、2号の風格を見せてやれ。
間違えるなよKANZAKI君、キミはNIGOじゃなくてNIGOUだ。
猿はMちゃんに任せておこう。




■HATTORI
■1Hit 1Get
■LKJ MINNOW 85F金箔

■KONNO
■0Hit


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ