2007.03.04 (sun) 06:00-16:30

2007年の初釣行は芦ノ湖トラウト。坊主覚悟。自業自得。

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2007 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2007.03.04

昨秋から予想以上に忙しく、今年はシーバス釣りに一度も行けないまま、芦ノ湖解禁を迎えてしまった。

まぁ、そんな年もあるでしょう。



で、本年初釣行。

特別解禁や解禁日の情報を見る限り、今年の芦ノ湖もかなり厳しそう...。



出船

午前6時、出船。

毎年、この初回釣行時の出船というのは、気分的に良い感じである。



記録的な暖冬の影響で、水温は7℃を越えている。

気温も高く、防寒着も4月の服装で十分だった。

というより、それでも暑いくらい。



今日は解禁後の初めての週末だけあって、湖上は大混雑。

特に特別解禁や解禁日に良かったポイントはボートが犇めいている。

ということで、大混雑の九頭龍を避けて、人の居ない胴切りへ。



ゴンっ。



キャスト開始後、数投目で本日初ヒット。

しかし、アワセが上手く決まらず、フッキングが甘く・・・速攻バラシ。

残念。



移動するにも、移動先が無いため、暫く胴切りで風待ち。

たまに風が吹いた時に集中力倍増でキャストするが、全く反応無し。



7時過ぎになると、風が完全に止んでしまい、湖面が鏡状態になってしまったので、体力温存の為に休憩することに。

樹木園の桟橋にボートを寄せて、合流したKONNOさんと湖上井戸端。

朝食を食べつつ2時間ほど休憩。

そして、9時半過ぎになったところで南部の様子を見に行くことに。



湖面鏡状態

しかし、湖面鏡状態。

北部に比べるとボートの数は少ないが、好調だった成蹊周辺はボートと陸っぱりでビッシリ。



そのまま再び北部へと逆戻り。

立岩からヘビ窪まで叩くスペースがあったので、ブラウンチェック開始。



ただ・・・

ブラウンチェックに必要なLKJ-130Fが1本も無い。

なんとか気力のある日の夜中に、LKJ-130Fの製作を進めていたのだが、コーティングが間に合わなかった。



無いものは仕方ないので、LKJ-85Fのチビグリで様子を見ていくことに。

しかし、ブラウンの姿は見られず。



山側に移動

午後になり、風が吹き始めてきたところで、早川方面の様子を見に行ってみたが、入るスペース無し。

少し沖目でキャストしてみたものの、雰囲気がないので、再び山側に移動。

そして、チビグリで叩いていく。



うーん...やはり130に比べるとアピール力に差がでてしまうなぁ・・・

などと思っていると、いきなりブラウンがヒット。



ジイィィィィィィ!



えっ?.....

アワセた分だけ、ラインが出ていく?



あ"っ・・・ルアーチェンジした時、ドラグ締めるの忘れてた。(笑)

いや、笑い事ではない。



そして、ウネウネとした魚の感触は・・・消えてしまった。

ア、アホか・・・俺は。



この時点で、坊主覚悟。

自業自得。





残り時間、90分。

このラスト90分というものは、恐ろしく早く過ぎていってしまうものである。

特にイケスが空の時ほど、朝と比べて2倍速くらい早く過ぎていく・・・気がする。



しかし、まだ運は尽きていなかった。



ブラウンがヒット

ラスト30分というところで、再びブラウンがヒット。

これは捕らなきゃ、ヤバイだろ。





ガハっ...





天を仰ぐ

声にならない嗚咽とともに、天を仰ぐ馬鹿一名。

お・か・え・り.....「ダメダメ君1号」。



そろそろ、現在コーティング中のLKJ-130Fのバリ取りの時間なので、今日はこの辺で。

次回はどうなる事やら。




■HATTORI
■3Hit 0Get
■LKJ MINNOW 85F金箔
■ロッド:fenwick GFS 75S MH-2J Golden Zenith
■リール:SHIMANO '06 TWINPOWER Mg C3000
■ライン:Laiglon TOURNAMENT 13LB


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ