2006.04.30 (sun) 05:30-16:10

今春最後の芦ノ湖ミノーイング。最後はニジマス60UP!

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2006 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2006.04.30

早いもので、4月も今日で終わり。

ということで、今シーズンの芦ノ湖釣行も今日で終了。



朝から良い天気

今日は朝から良い天気。

気温も既に10℃近くまで上昇している。



午前5時半に出船。

風はまだ弱かったので、最初に深良周辺をブラウン狙いで叩いてみる。

しかし、反応無し。



ブラウン狙い

すぐに立岩に移動して、再びブラウン狙いで叩いていく。

三本杉方面へと叩いていくと、LKJ-130F銀箔に塩焼きブラウンのチェイス。



反転しそうになったので、巻きスピードを微妙にアップさせていくと・・・

塩焼きブラウンがスピードを上げて130Fに向かってきた。



ヒット

そして、目の前でヒット。

最初の1匹なので、少々慎重に寄せることに。



38cmのブラウン

そして、38cmのブラウンをランディング。

この時間に精神安定剤確保は、気分的にかなり楽である。



再びブラウン狙いの叩きを開始。

三本杉から小杉の鼻までは、全く反応無し。

ちょっと、風が弱すぎるかな?



女郎杉

で、そのまま女郎杉まで叩いていく。

すると、50cmくらいのブラウンがゆったりと出てきたが、途中でやる気無さそうに帰っていった。

此奴は時間をあけて、再び狙おう。



その後、立石湾から亀まで叩いてみたが、反応無し。

そこで、アンカーを打って、風待ち休憩。



11時過ぎになると、風がだいぶ良い感じで吹き始めてきた。

そこで、久しぶりに防ヶ沢から神宮の岩場まで叩いてみる。

その間、神宮の倒木から塩焼きブラウンがチェイスしてきたが、喰わせられず。



白波が立っている

12時過ぎになると、風がかなり強くなってきた。

風の抜けるラインでは、白波が立っている。

そこで、かなり良い感じで風が当たっている成蹊に移動。

そして、アンカーを打ってニジマス狙い開始。



山のホテル

かなり長めにアンカーロープを出していたが、少しずつ流されて・・・

結局、山のホテル桟橋まで来てしまった。



ワンド内、そして桟橋にも釣り人が居なかったので、そのままLKJ-85F金箔でのニジマス狙いを続行。

アンカーが湖底の岩に引っ掛かり、ボートは良い感じで固定されている。



待望のヒット

10分ほど粘っていると、待望のヒット。

アワセた時の重みから、結構良いサイズだと分かる。



ヤバイなぁ。



普段はメインラインを、2~3回釣行したら交換している。

勿論、擦れたり、凍ったり、良型を釣った後などは、1回でも交換してしまうが。

しかし、今日は芦ノ湖最終日ということもあり、次回の中禅から新しいラインにしよう・・・

ということで、ラインを巻き換えていない。



ライン、持つかな?

傷、入ってないよな?

ちょっと、不安になる...。



そこで、ドラグをかなり緩めにしてやり取りすることに。

最終日に自作ミノーをロストしたくないし。



芦ノ湖最終日ということもあり、引きを楽しみながら寄せてくるが・・・

ドラグが緩めということもあり、簡単にラインを出されてしまう。

当然だ。



ランディング

顔にラインを巻かれていたので、更にドラグを緩めて寄せに入る。

そして、慎重に寄せて・・・無事ランディング。



61.5cmのニジマス

61.5cmのニジマス。

サイズ的には悪くないが、尾鰭がチョット...。

まぁ、贅沢は言ってられない。



ニジマスはもういいか.....ということで、再びブラウン狙い開始。

そして、プリンスから和田角まで叩いてみる。

しかし、反応無し。



で、カエルから仏へと叩いていくと・・・35cm位の塩焼きブラウンがチェイスしてきた。

反転された後、再び同じところにキャストすると、再び同じ魚が出てきた。

しかし、またもや喰わせられず。

相変わらず、下手クソだなぁ。



曇ってきた

空は曇ってきたが、雨の心配は無さそうである。

ちなみに気温は16℃、表水温は場所によって違うが、9.5~11℃といったところ。



樹木園まで来たところで、再びカエルから仏へと叩いていく。

流石に先程のブラウンは出てこなかったが、仏周辺でLKJ-130F銀箔GOLDにかなり良型のブラウンがチェイスしてきた。

勿論、時間をあけて何度も挑戦してみたが、その後は姿を見せず。



対岸に移動

対岸に移動し、三本杉から小杉へと叩いていく。

すると、ヘビ窪周辺でまあまあのサイズのブラウンがチェイスしてきた。

しかし、喰わせられず。



女郎杉まで来たところで、再びヘビ窪へ移動。

ブラウン狙いで叩いていく。



ブラウンがヒット

すると、LKJ-130F銀箔GOLDにブラウンがヒット。

さっきの奴か?



ところが・・・

なんと、最悪のラインブレイク。



暴れている

水面では、ルアーを口に付けたままのブラウンが暴れている。

ネットを持って急いで寄ってみたが、あと少しというところで、ブラウンは潜ってしまった。

最後の最後にやってしまった...。

スイマセン。



まだ終了まで1時間近くあるが、ミノーのロスト、そして燃料を使い切ってしまった・・・

ということもあり、16時10分に納竿・撤収。



これで、私の今シーズンの芦ノ湖トラウト釣行は終了。

ただ、今年は水温の上昇が遅いため、まだまだ十分に狙えそうである。

特にブラウンはこれからが面白いかもしれない。

感覚的には、まだ例年の4月前半のような感じである。

私もあと2週くらい来てみたいのだが、中禅モードに入るので芦ノ湖は今日で終了。



次回は中禅寺湖釣行の予定。

まだ水温がかなり低いので、初回は1反転でもあればOKでしょう。













■HATTORI
■3Hit 2Get
■LKJ MINNOW 130F銀箔 / LKJ MINNOW 85F金箔


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ