2006.03.26 (sun) 06:00-16:50

LKJ MINNOW 85Fで、2年連続のニジマス70UP!

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2006 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2006.03.26

3月最後の芦ノ湖釣行。

今年も3月はニジマスをメインで狙ってきたが・・・

今年の状況からいくと、ちょっと厳しそう・・・

と、釣行前までは思っていたが.....。



出船

午前6時、出船。

出船する前までは良い感じで風が吹いていたが、いざ出船すると風は弱まってしまった。



先ずは北部東岸のポイントを30分ほど叩いてみる。

しかし、全く反応無し。



南部へ移動

そこで、一気に南部へ移動。

今日は陸釣りの方々が多かったので、白浜周辺は諦めて、箒からスタート。

風が弱いので、ブラウン狙いで叩いていく。



コンッ!



ムジナから清水の間で、40cmチョイのブラウンがLKJ-130Fに激しくチェイスしてきて・・・

ルアーを鼻先で小突いたが・・・

喰いついてはくれなかった。



か、からかわれたのか?

いや、アクションが下手だったんでしょう。



結局、百貫まで叩いてみたが、その後は反応無し。

そこで、今度はトリカブトに移動して、三ツ石へと叩いていく。

しかし、ダメ。



風が良い感じになってきたので、東岸へ移動。

湖面の状態がかなり良いので、LKJ-85Fにチェンジしてニジマス狙い開始。



ようやくヒット

ダラ引き開始から15分くらい経った頃にようやくヒット。

グッと押さえつけるようなアタリだったので、良型の可能性大。



慎重に寄せる

独特の重量感に期待しつつ、慎重に寄せてみると・・・

かなり良いサイズのニジマスが目に入る。



ウッシッシ・・・

こりゃ、いったかな?



無事ネットイン

寄せた後に、何度か突っ込まれたが、無事ネットイン。

昨年の72cmの時はネットが小さくて苦労したが、今年はNAKASHIBAさんに貰った大きいネットがあったので、昨年ほど苦労せずにランディング。

NAKASHIBAさん、ありがとう!



73.5cmのニジマス

通算5本目となる70UPは・・・73.5cmのニジマス。

取りあえず、ホッと一息、一安心。



それから10分くらい経った時、狙っていた浅瀬をウェーディングの人がジャバジャバと横切っていった。

もし10分前に横切られていたら、この魚は捕れなかっただろう。



ある程度のサイズの魚を釣るには、タイミングという要素がかなり重要になってくる。

狙っている場所に良型が居ても、タイミング悪くそのポイントに入ってしまうと、喰わせることができない。

どんなに条件が良くても、喰わせられない時が多々ある。

勿論、喰わせる技術は必要だが、それだけではどうにもならないことがある。

まぁ、今回の魚は運良く喰ってくれただけだけど。(笑)



ポイントが潰れてしまったので、一度ボート屋に戻ることに。

トイレついでに正式な計測板でサイズを測り、撮影したあと、再び出船。



しかし、風が止んでしまったので・・・

樹木園にアンカーを降ろし、KONNOさんと湖上井戸端休憩。



風が良い感じ

2時間ほど湖上井戸端したところで、風が良い感じになってきた。

そこで、再び迷走開始。

KONNOさんは北へ、私は西へ。



先ずは立岩から女郎杉まで、ブラウン狙いで叩いていく。

途中、50前後のブラウンが船際までチェイスしてきたが、喰わせられず・・・

ブラウンは悠々と深場へと消えていった。

ここは最後にもう一度叩いてみよう。



芦ノ湖西岸

女郎杉まで来たところで、一気に百貫へ移動。

そして、箒方面へと叩いていく。



すると、清水ダキでLKJ-130に40前後のブラウンがヒット。

しかし、2~3ウネリされたところで、バラシ。

ヘタクソ!



平岩まで叩いたところで、ヘビ窪に移動し、再び女郎杉まで叩いていく。

しかし、先程のブラウンは姿を現さず。



そして16時50分、納竿・撤収。



通算5本目となる70UP

下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる・・・こともある。










■HATTORI
■2Hit 1Get
■LKJ MINNOW 85F 金箔
■ロッド:KP-76
■リール:Daiwa LUVIAS 2500
■ライン:Laiglon TOURNAMENT 13LB


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ