2006.03.19 (sun) 06:00-17:00

大雨!雷!大粒の雹(ヒョウ)!今日の箱根は強烈...

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2006 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2006.03.19

仕事&用事を済ませると、既に午前2時。

1時間ほど寝ておくべきか?

いや・・・前回、それで寝坊したので、今日はこのまま寝ないで行こう。



雨の中、出船

午前6時・・・雨の中、出船。

気温はそれほど低くなく、寒さは感じない。



ニジマス狙いで九頭龍へ。

風は僅かしか吹いていないが、朝一の喰いに期待しつつキャスト。

しかし、全く反応無し。



青空が広がる

午前7時・・・

予報通り雨は止み、青空が広がる。

胴切りに移動し、キャストをしてみたが、チビマスのバラシのみ。



ポカポカ陽気

午前8時・・・

防ヶ沢周辺に移動してみたものの、風は完全に止んでしまい、雰囲気ゼロ。



ポカポカ陽気の中、強烈な睡魔に襲われ・・・

何度も船から落ちそうになる。



今日の空

午前8時半・・・

睡魔には勝てず、デッキで爆睡。

今日の空は、なかなか綺麗である。





Zzzzzzz・・・・





1時間の睡眠で復活。

しかし、風が全く吹いていないので、風待ち早川へ移動。



霧発生

午前9時半・・・

ふと、深良方面を見ると、風と共に霧が流れてくる。

それも、かなりのスピードで。



霧が広がり・・・

その霧は、すぐに湖半分を覆ってしまい・・・



見えなくなってしまった

僅か数分で、深良も亀ヶ崎も見えなくなってしまった。



霧が迫ってきて・・・

霧はコチラにどんどん迫ってきて・・・



360度真っ白な世界

あっという間に、360度真っ白な世界。



移動したくても、これでは移動できないので、暫く早川でキャスト。

風は適度に吹いているが・・・反応は全く無し。



厚い雲

午前11時・・・

霧は晴れたが、今度はドンヨリとした厚い雲が空を覆いはじめた。

しかし、適度な風が吹き続けているので、雰囲気は良い感じである。



南部へ移動。

そして、某所でかなりの良型を発見。

風裏のポイントなので湖面はマッタリしている。

勿論、キャストしてみたが・・・完全に無視された。

夕方、コイツと心中か?



その後、南部のポイントを回ってみたものの、反転のみで、ヒットまでは至らず。

どうも、ブラウンとの微妙な「間」が合っていないようだ。



小雨

午後3時・・・

小雨の中、先程発見した良型ポイントへと向かう。



おや?・・・なんか光ったぞ?



バキバキバキ~!!!



ゲっ・・・雷だ!

ちょっと、ヤバイかも...。



湖のど真ん中は流石に不安である。

取りあえず箱根湾内に避難するために、全速でボートを走らせる。



バチバチバチ!!!



痛てぇ!痛てぇ!痛てぇ!



な、何なんだ!?



なんと、雨ではなく・・・

雹(ヒョウ)が降ってきて、顔にバチバチと当たっているのである。

まるで、銀玉鉄砲を近距離から乱射されているような感じだ。

と言っても、銀玉鉄砲を乱射されたことが無いので、実際は良く分からんが・・・

とにかく、そんな感じなのである。



氷の銃弾飛び交う中、なんとか無事に馬の背周辺に到着。



雹の土砂降り

これは雨ではなく、雹(ヒョウ)。

土砂降りの雹・・・初めての経験である。



銀玉鉄砲の弾と同じくらいの大きさ

丁度、銀玉鉄砲の弾と同じくらいの大きさである。

これ以上、大粒でなくて良かった...。



船の中は氷の塊で埋め尽くされた

船の中は、あっという間に氷の塊で埋め尽くされてしまった。

しかも、丸い氷の塊だけあって・・・やたらに滑る!

船上を少し移動するにも、かなり慎重に歩かなければ、転けてしまいそうだ。



雷は依然強烈に鳴り響き、かなり近くに稲妻が見えている。

これではロッドを振るのも躊躇ってしまう。



午後4時・・・

雷と雹(ヒョウ)が若干収まったところで、良型ニジマス発見ポイントへ移動。

しかし、再び雹(ヒョウ)が降り始めてきた...。



これだけの量の雹(ヒョウ)が降ってしまったら、シャローポイントは水温が一気に低下して「氷水」になってしまうだろう。

魚も深場に潜ってしまうに違いない・・・と、勝手に解釈し、南部から撤退することに。

まぁ、実際は・・・私が寒さと冷たさと痛さに負けたのだが。



結局、「夕方はあの良型と心中!」などと意気込んで南部に来たものの・・・

心中どころか、逆に返り討ちに合ってしまった。



流石、山の天気

午後4時半・・・

尻尾を巻いて、北部へと向かっていると・・・

北部方面は、やたら明るい。



百貫を越えたあたりで、既に雹は降っていない。

というか、雨すら降っていない。

流石、山の天気。



九頭龍周辺

九頭龍周辺を見てみても、濡れた形跡が全くない。

多分、北部は小雨すら降っていないのだろう。



そして、午後4時55分・・・

下船時間になってしまったので、納竿・撤収。



湖面は最高の状態

桟橋に戻ると、私の船だけに氷が積もっていて・・・

私だけが全身びしょ濡れ。

皆、不思議そうな顔をして、氷だらけの私の船を覗き込む。



結局、今日は魚の顔を拝めなかったが・・・

でもまぁ、違った意味で刺激的で、なかなか楽しい釣行ではあった。

でも・・・雹(ヒョウ)と雷だけは、もう勘弁である。



さてさて、今年の芦ノ湖は昨年以上に厳しくなりそうだ。

魚の居る場所を見つけなければ当然ボウズだろうし・・・

見つけたとしても、そこに入るタイミングが悪いとダメだろうし・・・

そして最も重要なのは・・・喰わせる技術。



次回、ガンバリマス。

下手な鉄砲を数撃ってみます、ハイ。




■HATTORI
■1Hit 0Get
■LKJ MINNOW 85F金箔


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ