2006.03.12 (sun) 07:40-16:30

朝、目が覚めると...既に5時半!寝坊した!急いで出発...

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2006 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2006.03.12

朝、目を覚まして・・・


ふと、時計を見ると・・・


げっ!....5時半!!!




取りあえず、心配しているといけないので、ボート屋やまびこに電話。

「今、起きました。これから行きますので、ご心配なく。(笑)」



急いで支度をして、芦ノ湖へ。

前日の天気予報では、今日は朝から良い風が吹いているらしい。



すっかり明るくなった箱根道を走っていると、やはり良い感じで風が吹いている。

そして、7時過ぎに芦ノ湖に到着。



湖面は最高の状態

普段は湖面マッタリなのに・・・こういう時に限って、湖面は最高の状態になっている。

まぁ、そんなもんでしょう。



船の準備をしながら、定刻6時に出船しているKONNOさんに電話してみると・・・

「いやいやぁ~寝坊助さん、朝一にブラウンが出ましたよ~!!!(喜)」



50cmの綺麗なオスのブラウン

その魚がコレ。

50cmの綺麗なオスのブラウン。

朝一、LKJ-85Fのチビグリに出たそうだ。

おめでとう!



で、支度を済ませて・・・7時半過ぎに出船。

日曜日だけあって、既に防ヶ沢や九頭龍、亀ヶ崎や立石には先行船がビッシリと入っている。

当然だ。

今、何時だと思ってるんだ!



空いているポイントを探しながら南へと走らせる。

成蹊周辺を少し叩いた後、比較的空いている白浜へ。



LKJ-85Fをキャスト

風は良い感じで、条件は揃っている。

先ずはニジマス狙いで、LKJ-85Fをキャスト。



ヒット

すると、数投目にヒット。

明らかにチビ助なので、そのままゴリ巻きで寄せてぶっこ抜く。



チビ助

ここ数年の芦ノ湖はかなり渋いので、このサイズでも精神安定剤にはなる。

弱気なワタクシ。



しばらくキャストを続けてみたが、その後は反応無し。

そこで、トリカブト周辺と大島の様子を見た後、馬の背周辺に移動。



馬の背周辺

風もだいぶ強くなって、ミノーがぶっ飛んでいく。

あの、沈黙を破る「ググっ」という感触を期待しながら、広範囲にキャストして探っていく。



チビニジマス

しかし、ここでもチビ助以外は相手にしてくれなかった。

まぁ、チビ助でも、相手にしてくれるだけ御の字ではあるが。



雨の芦ノ湖

10時過ぎになると、風は更に強くなり、雨もポツポツと降り出してきた。

一発が出そうな雰囲気はムンムンしているが・・・

其奴を探し出して、其奴にミノーを喰わせる技術が寝坊助には無いようである。



強風の芦ノ湖

11時頃になると、風は更に強くなってしまった。

湖尻のローボートは強制撤収になったようである。

まぁ、この風でローボートは危険なので仕方ないだろう。



取りあえず、風表はアンカーを打ってもすぐに流されてしまって釣りにならないので・・・

風裏気味の釣りができそうなポイントを探してキャストしていくことにする。



暴風の芦ノ湖

しかし、風向きが一定ではないので、あっという間にこのような状態になってしまう。

ちなみに上の画像は、庭石寄りにアンカーを打ってキャストしていたら・・・

強風が吹いてアンカーごと流されて、桟橋に船が着いてしまった・・・という感じ。

桟橋に係留しているわけではありません、念のため。



女郎杉周辺

普段、穏やかな女郎杉周辺もこんな感じ。

良い感じで風が回り込んでいて、雰囲気は最高である。

これで、反応があれば、もっと最高なんだけど。



その後、深良で少し休憩。

そして、試しに早川へと行ってみる。

かなり沖目にアンカーを打ち、キャスト開始。

しかし、3投目には・・・既に岸に打ち寄せられてしまった。

勿論、アンカーロープは全て出している状態である。



亀ヶ崎

荒れた時の亀ヶ崎は結構好きなので、亀ヶ崎に行ってみたが・・・

予想通り、アクションをする間もなく、あっという間に岸に打ち寄せられてしまった。



結局、強風の影響の少ないポイントを探してキャストしていくが・・・

その後はチビ助を1匹バラしただけで、それ以外には全く反応無し。

そして、16時半に納竿・撤収。



雰囲気は良かったけれど、ダメでした。

次回は、ちゃんと早起きして、ガンバリマス。

まぁ、朝一に出船したところで、釣果は変わらないだろうけど。





竜巻

納竿・撤収して、タックルを片付けた後、やまびこで井戸端していると、恒例の竜巻が発生。

その竜巻を皆で見ていると、2~3件隣の桟橋上を通過。

すると、その瞬間、係留してあったローボート3~4艘が宙に舞い、スワンボートも宙に舞い・・・

ローボートはそのまま落下して、無残に桟橋横に横転。

一度だけ亀ヶ崎沖で巻き込まれたことがあるけど、やはり凄いパワーだ。

皆様もお気を付けくださいませ。










■HATTORI
■3Hit 2Get
■LKJ MINNOW 85F金箔
■ロッド:KP-76
■リール:Daiwa LUVIAS 2500
■ライン:Laiglon TOURNAMENT 13LB


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ