2006.03.03 (fri) ~ 2006.03.04 (sat)

本年芦ノ湖トラウト初釣行は2日連荘ミノーイング

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2006 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2006.03.03

1月中旬のシーバス釣行以来の釣り。

今年は解禁日に行かなかったので、今日が2006年芦ノ湖トラウト釣行の初日。

今年もかなり厳しいと予想されるが・・・さてさて、どうなるのだろう?



早朝の芦ノ湖

そういえば、今年の芦ノ湖解禁日の参加者は・・・なんと、たったの625人!

これは餌釣りも含めての数字。

数年前までは数千人で賑わっていたのだが.....。





◆2006.03.03(金)06:00-16:30


午前6時に出船。

朝方の気温はマイナス1℃。

ただ、無風なので体感温度はそれほどでもない。



湖面マッタリ

朝方は、写真のようなマッタリ湖面。

陽が昇って、気温が上昇することを願いつつ、各ポイントをチェックしていく。



10時頃になると、ようやく風が吹き始めてきた。

しかし、太陽は厚い雲に覆われてしまう。



11時頃になると、粉雪が舞い始めてきた。

まぁ、雨やみぞれよりも、雪の方が濡れない分だけ楽ではあるが。



南東の風

11時半過ぎになると、雪がかなり降り出してきて・・・

冷たい雪が顔に降りかかり、移動するのが辛い。



少しすると、湖面が静かになってしまったので、粉雪の中、ブラウン狙いでキャストをしてみたが・・・

40前後のブラウンがやる気無さそうにチョット出てくるだけ。



今年も昨年前半同様、ニジマスをメインに狙おうと思っているので、再びニジマス探しに変更。

毎度のことながら、湖上を迷走しながらキャストをしていく。



うぅ~わ、すげえ!!!!



突然、60cm以上ありそうな雄のブラウンがLKJ-85Fにチェイスしてきた。

しかし、船の近くまで来たところで、反転。

今日は、コイツと心中か?



静かにアンカーを降ろし、時間をあけてキャストしてみる。

ルアーやアクションを変えて、キャストしてみる。

しかし、その後は姿を見せず。



夕方、狙おう。



再び、迷走開始。

粉雪はだいぶ弱まり、視界良好。



ヒット

13時過ぎ・・・

ヒルガ周辺で、LKJ-85Fのダラ引きにようやくヒット。

引き具合から、明らかにブラウンである。



ランディング

本年の初魚なので、一応慎重にランディング。

今日は、コイツをバラすと終わりのような気がするし。



43cmのブラウン

で、本年の芦ノ湖初魚は・・・43cmのブラウン。

デジカメ画像ではないので、上手く撮れていないが、結構綺麗な魚だった。



まぁ、この魚は・・・

ニジマス狙ってたら、ブラウンが喰っちゃった....というパターンですが。



ラストチャンス

15時頃になると、粉雪は完全に止み・・・・

いよいよラストチャンスの時間帯に突入。



しかし、反応が悪い。

魚が出てこない。

まぁ、単純にポイント選択をハズしてしまっているだけなのだが。



最後に先ほどの良型ブラウンポイントに行ってみるが・・・ダメ。

そして、再び粉雪が舞い始めたところで、タイムアップ。



段々と雪が激しくなっていく中、片づけをして・・・

本日の宿である「仙石原ろくろべえ」へと向かう。

ここは「天然温泉かけ流し」が売りで、部屋数が4部屋しかないため、貸し切りで温泉に入ることが出来る。

また、宿の人も感じが良く、とても親切なのでお薦めである。









■HATTORI
■1Hit 1Get
■LKJ MINNOW 85F金箔





◆2006.03.04(土)06:00-16:30


午前4時半に宿を出て、芦ノ湖へ。

温泉&爆睡・・・気分も身体も、かなり楽である。



雪で真っ白の芦ノ湖

昨日の雪は夜中まで降り続け・・・湖畔はご覧の通り、真っ白。

桟橋も船上も、しっかりと雪が積もっている。



雪が積もった桟橋

支度を済ませ、午前6時に出船。

今日も朝一は無風。

まぁ、今日は晴れるようなので、気温が上昇することを願いつつポイントへと向かう。



先ずは誰も居ない九頭龍神社。

湖面鏡状態の中、キャスト開始。



早々にヒット

すると、早々にヒット。

ガイドやラインローラーが凍り付いているので、フッキングさせた後にドラグを緩めにして、やり取り開始。

船の中も凍っているので、滑らないように注意しながらやり取りしていると・・・



カリっ!カリっ!カリっ!・・・



何の音?・・・



その音の正体は・・・

スプールにかかった湖水が凍って固まりとなり、巻く度にそれが当たっている音だった。

しかも、ドラグも凍り付いていて、全く効かない状態。



無理矢理氷を溶かして・・・

と言うわけで・・・

ファイト中にリールを水中に入れて、強引に氷を溶かして・・・

再び、やり取り開始。



50cmのニジマス

で、やたら体高があり、尾びれがムムム?の.....50cmのニジマスをランディング。

取りあえず、朝一の魚は精神安定剤になる。



雪化粧の芦ノ湖

予報通り天気が良く、なかなか良い景色。

湖面は穏やかだが・・・取りあえず、昨日の良型ブラウンポイントへ行ってみる。

しかし、今日は解禁後の第一土曜日だけあって、既に先行者が数名。



良型ブラウンポイントは諦めて、庭石周辺の様子を見てみる。

しかし、反応なし。



対岸に移動し、ブラウン探しをすることに。

LKJ-130をセットしたタックルに変え、キャストするためにリールのベールを返そうとすると・・・



あれ?・・・あれれ?・・・・



何と、ベールのネジ穴が完全に凍り付いていて、ベールを返すことが出来ない。



あれまぁ~・・・こりゃぁ、簡単には溶けないな。

ニジを狙えということか?



再び、ニジマス狙いで迷走開始。

しかし、200gのチビニジがワラワラと出てくるだけで、それ以上の魚の反応はない。



芦ノ湖から拝む富士山

気温もだいぶ上昇し、昼前には5度になっている。

このままいけば、釣れる釣れないは別として、夕方あたりにドラマがあるかな?



しかし、そんなものは全くありませんでした。

まぁ、そうそう簡単にはいかないでしょう。



もう少し水温が上昇して、下から上がってきた元気な奴を・・・

などと目論みつつ、帰りの東名高速大渋滞の中で「じゃがりこ」をボリボリと貪るワタクシであります。










■HATTORI
■1Hit 1Get
■LKJ MINNOW 85F金箔


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ