2005.03.19 (sat) 06:00-16:45

嬉しい重量感!70UPのニジマスでホッとひと息。

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2005 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2005.03.19

予定の仕事が延期になった為、急遽芦ノ湖に釣行。

本日も単独釣行なので、ボートポジションを気にせずに好き勝手にやれる。

今春のダメダメ君モードから抜け出すには、実釣しかないだろう。



気温1℃の芦ノ湖

午前6時・・・気温1℃の中、出船。

北北西の風が適度に吹いているので、九頭龍方面に向かう。

すると、既に南の先行船あり。

あれま・・・向こうは何時出船なんだろう?

しかし、狙っているポイントが私の狙いたいポイントの反対側だったので、予定ポイントにアンカーを降ろす。



朝一の九頭龍で、ここまで良い風が当たっているのは、今年初めてである。

今年は毎回毎回、マッタリとした湖面鏡状態であった。



キャスト開始

早速、キャスト開始。

今日の天気予報だと、15時くらいまでは微風ということだったのでチャンスは少ないだろう。



ちなみに水温は6.3℃。

凍りつくガイドに気を付けながら、LKJ-85Fのダラ引きで狙っていく。



モゾ。



開始、10分くらいで、初アタリ。

ドキっとする瞬間。



なかなかの重量感

徐々に重みを乗せ、その重みを乗せたまま慎重にアワせると・・・

なかなかの重量感、好感触!



うっ、首振ってる・・・

外れるなよ~



デカイ

慎重に寄せに入ると、魚が姿を現した。



デカイ。



現在のワタクシ、魚を暴れさせて引きを楽しむ余裕がないので・・・

刺激しないようにゆっくりと寄せに入る。



寄せたところで、ネットに入れようとするが・・・

ネットが小さい為、入れ方を誤ると・・・「さようなら~」になってしまう可能性大。



ネットに上手く収まらず...

あ"っ!



バシャバシャバシャ!!!



ネットに上手く収まらず、再び魚が暴れ出す。

フックがネットに引っ掛からなくて良かった...。



船の下に突っ込んでいく

今度は船の下に突っ込んでいく。



ヤバイ・・・ヤバイ・・・ヤバイ・・・



かなり微妙なフッキング状態なので、ドラグを緩めて無理な引っ張りっこをしないように注意する。



ランディング体勢

船の下から慎重に誘導して、再びランディング体勢に入る。

ここで、このサイズをバラしたら・・・当分立ち直れないだろう。

頼む、ダメダメ君1号・・・今は目覚めないでくれ~!



そして、魚がランディングしやすい体勢になったところでネットを近づけて・・・



ネットイン

無事、ネットイン。


デカイ。


重い。


嬉しい。


ホッとひと息...。



72.0cmのニジマス

久しぶりの70UPになる、72.0cmのニジマス。


ニジマスの70UPはこれで通算4本目だが、今回ほど緊張し、そして慎重になったのは初めてである。



フッキング状態

フッキング状態はこんな感じ。

実際やり取りしている時は、テールフックの2本が掛かっていたと思う。

そのフッキング状態を、初めに寄せた時点で確認していたので・・・ヒヤヒヤ・ドキドキ。

伸びなくて良かった...。



湖面が静か

暫く余韻に浸った後、再びキャスト開始。

しかし、風が変わり・・・湖面が静かになってしまった。



そこで、ポイント移動。

胴切り、樹木園...と、先行船が入っていたので、先ずは仏で数投。

しかし、反応無し。



カエル、和田...と、先行船が入っていたのでプリンスへ。

しかし、ここもダメ。

湖面がもう少しザワついていれば...。



山の神で数投した後、ブンザへ。

しかし、あまりにもマッタリした湖面なのでキャストせずに通過。



庭石から山のホテルまでは入る場所が無かったので、一気に馬の背へ移動。

しかし、当然ながら空いているわけもなく・・・

結局、塔が島周辺でしばらくキャスト。



行楽日和

行楽日和。

この時点で、気温も9℃まで上昇。



風向きが変わったところで、白浜からトリカブトを狙ってみるが・・・ダメ。

陸っぱりと他船を避けて、カヤアラシから清水ダキを狙ってみるが・・・

雰囲気は良いのだが、塩焼きサイズを1バラシのみ。



その後、女郎杉、立石、黒石....と廻った後、深良へ。

適度な風が水面を騒がし、良い雰囲気なのだが・・・反応無し。



九頭龍に誰も居なかったので、再び九頭龍へ移動。



アヒル

しかし、相手にしてくれたのは・・・アヒルだけ。

でも、今日は朝一に良型を捕っているので、気楽にのんびり風待ち休憩。



しかし、一向に風が吹かないので、ブラウン狙いに変更してみることに。

立岩には先行船が入っていたので、三本杉から小杉、そして黒石から立石まで叩いていく。

その間、40位のブラウンが1チェイスのみ。



そして、亀ヶ崎に近づいたところで・・・



カシャ!



LKJ-130Fが岩の間に挟まってしまった。

そのままロッドを煽って回収すると・・・リップが無い。

しまった・・・ちょっと強引にやりすぎた。



今日はLKJ-130Fを1本しか持ってきていなかったので、ブラウン狙いはここで強制終了。

ガクッ...。



鏡のような湖面

結局、13時半からニジマス狙いに戻ることに。

ポイントは午前中に廻った中で、唯一60UPがチェイスしてきた場所。

その時は、鏡のような湖面の中、船ギリギリまで追ってきたが、結局反転。

そして、2投目には反応無く、3投目はワカサギカラーに変えて狙ってみたが、姿見せず。

これは夕方に出るかもしれない。



現在の水温は6.6℃。

風待ちをしつつ、風のタイミングでキャストをしていく。

すると、すぐ後ろに他船がやってきて、アンカーを降ろし始めた。

仲間内でもこんなに近くには降ろさないよな...と、半ば呆れつつ・・・

しかし、今日は土曜日、しかも世間一般には3連休の初日ということもあり、こういう人達が多数出没することは覚悟していたので相手にせず。



その後、他船も去り、貸し切り状態のポイントで1発狙いをするが・・・

結局、最後まで反応無し。

そして16時45分、納竿・撤収。



今日の富士山

今年の解禁後に「今年はニジマスをメインに狙ってみる」と書き、実際にニジマスをメインに狙っていたが、これでようやく一安心。

これで、ダメダメ君1号は完全に葬り去れたのか?

そうであって欲しい...と、心底願う今日この頃。

さようなら、ダメダメ君1号。



これから当分の間、土日も仕事なので、次回は平日単独釣行の予定。










■HATTORI
■2Hit 1Get
■LKJ MINNOW 85F 銀箔GOLD
■ロッド:KP-76
■リール:Daiwa LUVIAS 2500
■ライン:Laiglon TOURNAMENT 13LB


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ