2004.04.25 (sun) 05:30-16:55

2004年春シーズン最後の芦ノ湖トラウト釣行

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2004 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2004.04.25

今春最後の芦ノ湖トラウト釣行。



午前5時半出船

丁度良い北西風が吹く中、午前5時半出船。

先週よりは大分マシだが、水は相変わらず濁っている。


先ずはLKJ-130F銀箔をセットし、小杉から立岩までブラウン狙いで叩いていく。



ブラウン狙い

三本杉で40半ばくらいの少々やる気あるブラウンがチェイスしてきたが、喰わせられず。

このブラウンは、昼過ぎ、夕方...と、時間をおいて叩いてみたが、その後は姿を現すことはなかった。



風向きが変わったところで、今度はLKJ-85F金系に換えて、 立岩から小杉までチビグリで叩いていく。

しかし、反応無し。



その後、仏~プリンス、百貫~平岩、三ツ石、馬の背、成蹊等々を叩いていくが・・・

プリンスで40以下のチビブラウンの1チェイスのみ。



再びプリンスに行くと、良い感じで湖面がザワついていたので、ダラ引きでのニジマス狙いに変更。

ビューティーさん用に作った85Fのテストの為、ミノーをLKJ-85F/B-Yokoに換えてキャスト開始。

今回、色も形も若干変更したのだが、飛距離、泳ぎ、バランス、いずれも全く問題なし。

これはなかなかイケル。

思わず、自分用にしたくなってしまった。(笑)



庭石まで移動

そのまま庭石まで移動して、再びLKJ-85F/B-Yokoでニジマス狙い。

時折吹く風に期待しながら、風に任せてキャストしていく。



グンッ!



おっ、きたきた。



かなり元気

サイズは大したこと無さそうだが、かなり元気良く、派手にジャンプをかましてくれる。



ネットイン

で、無事ネットイン。



ニジマス45cm

結構綺麗な45cmのニジマス。

ネットで若干鰭に傷が入ってしまったのは残念だが、こういう綺麗な魚なら小さくても満足。



ワカサギを3匹吐き出した

フックを外していると、ワカサギを3匹吐き出した。

今春最後なので、この魚はキープ。

ボート屋に戻って、腹を割いてみたら胃袋には他にもワカサギが詰まっていた。



取りあえず、LKJ-85F/B-Yokoのダラ引きテストの結果は・・・合格。



西岸に移動して、今度はチビグリのテスト。

泳ぎを見ただけで合格と分かるが、魚が反応しなければ意味がない。



暫くチビグリで叩いていると、ヘビ窪で40前後のブラウンがチェイス。

しかし、風でボートが流されて、近づきすぎてしまい...フッキングまでは持ち込めなかった。

残念。



反応無し

その後、LKJ-130F銀系に換えて各所を叩いていくが・・・反応無し。


そして17時、納竿・撤収。



今春の芦ノ湖トラウト釣行は終了

これで、今春の芦ノ湖トラウト釣行は終了。


5月からは中禅寺湖トラウトミノーイング釣行の予定。










■HATTORI
■1Hit 1Get
■LKJ MINNOW 85F
■ロッド:KP-76
■リール:SHIMANO TWIN POWER C3000
■ライン:Laiglon TOURNAMENT 13LB


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ