2004.04.11 (sun) 05:30-17:00

LKJ-130Fのグリグリ系アクションで茶鱒&虹鱒

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2004 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2004.04.11

本日も単独釣行。

午前5時前に芦ノ湖に到着すると・・・先週とは違い、ほぼ無風。

これなら今日は定刻出船できるだろう。



湖尻のボート屋「やまびこ」で、久しぶりにお会いした今野さん夫婦と暫く話した後、午前5時半に定刻出船。

しかし、出船してはみたものの、湖面鏡状態・・・厳しい。



取りあえず、早川方面に向かってみたものの、遠目に見てもマッタリ湖面なので、途中でUターンして九頭龍へ。

しかし、ここも湖面鏡状態なので、すぐに立石へ移動。

まぁ、昼頃から風が若干吹くらしいので、それからが勝負かな?



立石でブラウン狙い

暫く、湖面鏡状態の立石でブラウン狙いをした後、「風待ち早川」へ移動。

早川に到着すると、ミノーで狙えるくらいの風が吹いてきたので、ニジマス狙いのLKJ-85Fをセットしてキャスト開始。



今日のメインロッドは、先日TroutStreamの山尾さんに貰ったfenwickのトラウトミノーイング用のテストロッド。

このロッドは基本的にはブラウン狙い用のロッドだと思うが、このロッドの感覚に慣れておく必要があるのでニジマス狙いでも使ってみることに。



グンッ!



ニジ狙いのダラ引きしていると、ニジマスがヒット。

普段ニジマス狙い用に使用しているロッドよりもかなりハードなので、ワンテンポ遅らせてから適度な力でアワセてみる。

で、しっかりフッキングしたので、そのままランディング。



ニジマス39cm

塩焼きサイズのニジマス39cm。

サイズは小さいが、精神的には楽になる1匹である...特に今年は。



人が増えてきたところで、仏へ移動。

ルアーをLKJ-130Fにチェンジして、ブラウン狙いでプリンスまで叩いていく。

しかし、1匹も姿を現さない。



庭石を少々叩いた後、一気に弁天まで移動。

そして、そこからコベリ方面に移動しながら叩いていく。

風が弱く水中が丸見えだが、こういう状態の時に1匹でも魚を見つけておけば、後で条件が揃った時に重点的にその場所を狙えるので、慎重に叩いていく。



で、このエリアでは40前後のブラウンの反転が1回のみ。

この魚は夕方狙ってみよう。



箱根湾内をパスして、三ツ石から白浜まで様子を見ていく。

その間、某所で60UPのニジマスを発見。

そういえば、60UPのニジマスを発見したのは今年初めてかも。



湖面鏡状態だけど、もしかしたら喰うかな?

淡い期待を胸に、LKJ-85Fワカサギを魚の進行方向の先の岸際ギリギリに静かに着水させる。

そして暫くそのまま動かさずに気配を消し、頃合いを見計らってダラ引き開始。

なかなか良いタイミングでミノーが魚の目の前を通過したが・・・

完全無視。



やはり見える魚は釣れない。(私の場合は)

こんな状況でも、フライだったら喰うのかな?.....などと考えながら、暫くキャストせずに観察。

暫く観察していると、どうやらこの魚は、意外と狭い範囲を回遊しているようである。

これなら夕方になって風が吹いた時に、このエリアを狙えば釣れるかもしれない。

勿論、今は狭い範囲を回遊しているだけ...ということも十分考えられるけど。



その後、一気に立岩に移動。

再び、LKJ-130Fでグリグリと叩いていく。

ちなみにこのfenwickのロッド、流石にグリグリ系アクションでは良い感じである。

グリハンよりも若干硬いティップのおかげか、自分の思うアクションをつけるのが楽である。



ゴンッ!



岸際でヒット

かなり岸際でヒット。

なかなか元気の良い魚だったが、ある程度寄せてくるとグルグル回りはじめたので、難なくネットイン。



ブラウン45cm

ブラウン45cm。



その後、三本杉から女郎杉まで叩いてみたが、反応無し。

そして、西へ東へ北へ南へ・・・迷走タイム。



南部へ移動

15時を過ぎたところで、午前中に反転したブラウンを狙いに南部へ移動。

途中、仏石に寄り道してキャスト。

すると1投目、LKJ-130Fの後ろからユラユラとやる気なさそうにブラウンが姿を現した。

船から3m位のところで反転しようとしたので、小細工してみると・・・

再び、ゆっくりと近づいてきて・・・



バシャッ!!



マジか!?.....こんな目の前で喰いついた!



ラインも殆ど残っていないので、ロッドでテンションを保っていると・・・バラシ。

でも、この小細工・・・意外と使えるかもしれない。

今度、やる気なさそうな魚が出てきたら再度試してみよう。



で、南部のブラウンポイントに到着。

微風の中、午前中に反転したエリア周辺を叩いていく。

しかし、反応無し。



続いて、60UPのニジマスがいたエリアに移動して、LKJ-85Fワカサギ、LKJ-85F金系...とキャストしてみる。

暫く粘ってみたものの、こちらも全く反応無し。

やはり、回遊範囲が変わってしまったのか?

それとも、居るけどルアーを喰わないのか?



16時になったところで諦めて、一気に立岩に移動。

そして、LKJ-130Fでグリグリと叩いていく。



グンッ!



待望のヒット

三本杉あたりに来たところで、待望のヒット。

ブラウンとは引きが違う・・・と思ったら、



塩焼きサイズのニジマス

35cmの塩焼きサイズのニジマスでした。



そのままヘビ窪まで叩いた後、亀に移動。

残り時間、あと10分。

最後にガツンと・・



納竿・撤収

しかし、ガツンどころかコツンも無し。

そして17時、納竿・撤収。



次回は4/18(日)の予定。










■HATTORI
■5Hit 3Get
■LKJ MINNOW 85F GOLD / LKJ MINNOW 130F 銀箔
■ロッド:fenwick GFS 75S MH-2J Golden Zenith
■リール:SHIMANO '03 TWINPOWER Mg C3000
■ライン:Laiglon TOURNAMENT 13LB


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ