2003.04.09 (wed) 05:30-16:55

MIURAさんと釣行。ポカポカ陽気、水面には公魚多数。

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2003 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2003.04.09

本日はMIURAさんと芦ノ湖へ。

ちなみに3/19に一緒に行った時は・・・



前回の釣行

大雪...。



しかし、今日の天気予報では、晴れで気温もかなり上がる...とのこと。

これで水温も上がるかな?



午前5時30分、出船。

西風が良い感じで吹いている。

朝一から良い感じの風が吹いているのは、今年初めてかもしれない。



今日の芦ノ湖

朝、やまびこの桟橋脇に3匹の公魚が泳いでいたので、先ずは七里浜に公魚の様子を見に行くことに。

しかし、湖面が波立っていて目視は出来ない。



そのまま椿まで、移動しながらキャストしていく。

すると私のLKJ-85F金系にヒット。



40cmチョイの塩焼サイズ

40cmチョイの元気な塩焼サイズ。



暫くの間、周辺を探ってみるが反応が無いので深良に移動。

若干、風が弱まっているが、狙えない湖面状態ではない。



春うらら

春うらら。



30分程キャストしてみるが反応が無いので、防ヶ沢へ移動。

そして、樹木園まで叩いていく。

しかし、段々と風が弱まってしまい、和田角あたりに来た時には・・・



湖面マッタリ

湖面マッタリ...。

そして、綺麗な富士山。

ここ数年の今頃と比較すると、今年の富士山の雪の量はかなりのものである。

この位置からの富士の景色で、その年の季節の移り変わり具合が良くわかる。



しかし、何時までも景色を堪能している訳にもいかないので・・・

湖面のザワつきを求めて移動。

他より少しでも湖面状態の良いところを探して、 西へ東へ南へ北へ。



キャスト

そして、湖面のザワつきを見つけたら、ブラウン狙い用のLKJ130Fをキャスト。



グリグリ・・・グリ・・・



クンッ!



ち、小さい。



25cmくらいのニジマス

しかもニジマス。(笑)

13cmミノーに喰いついて来たのは、25cmくらいのニジマス。

勿論、スレではなく、腹のフックをパクッと咥えている。



その後、南部のポイントを転々とした後、北部へ移動。

しかし、どこも雰囲気が今一で・・・反応も無し。



風が南寄りなので、キャンプ場に行ってみると・・・

岸際でアヒルがバシャバシャと暴れている。



キラッ!



あっ、アヒルが公魚を食べてる.....。

ルアーをLKJ-85Fワカサギに換えてキャスト。

すると、直ぐにアタリ・・・しかし乗らない。

その後もアタリは連発するが・・・

魚が小さいのか?ルアーが偽物とバレバレなのか?・・・乗らない。



アクションを控え目にして、スピードも更にスローにすると・・・

ようやくヒット。



35cmくらいの塩焼サイズ

35cmくらいの塩焼サイズ。

その後も頻繁にアタリはあるが、なかなか乗らない。

その間、MIURAさんの金系ミノーには全く反応が無い。



で、再び私にヒット。

そして、先程と同サイズを追加。



風が良い感じで吹き始めてきたので、九頭龍へ移動。

しかし、反応無し。

そこで一気に南部へ大移動。



自衛隊のヘリ

上空には自衛隊のヘリが飛んでいる。

有事に備えての演習か?

しかし、いつも思うことだが、御殿場演習場から聞こえてくる「ズド~ン!ズド~ン!」という重低音・・・

一体、あの一発はいくらなんだ?

これは別に今年に限ったことではなく、毎年毎年のことである。



How much?



結局、南部では指名手配中の魚を発見することが出来なかった。

その後、プリンス~仏、立岩~三本杉まで叩いてみるが、収穫無し。



残り時間、あと1時間。

結局、一番魚影の濃かったキャンプ場に移動。

朝方6.8℃だった水温も7.9℃まで上昇している。



バシャバシャ!



遂にMIURAさんにヒット!



しかし・・・ポロっ...。



キャスト再開。



グンッ!



今度は私にヒット。

意外と元気で重みがあるぞ?・・・中型か?

そんなことを考えながらやり取りしていると・・・バラシ。(泣)



気を取り直して、キャスト開始。



クンっ!



塩焼

再びアベレージサイズの塩焼君。

でも、楽しかったりする。



その後も、突然やってくるアタリにドキドキしながらも・・・タイムアップ。

そして16時55分、納竿・撤収。



イケス

本日のイケスショット。

相変わらず、悠々と泳いでる...。(笑)



今年の芦ノ湖釣行も残すところあと3回?

水温もようやく8℃近くまで上がり、公魚もかなりの数が接岸している。

この公魚と共に深場から年越し魚が浅場にあがってくるだろう。

其奴を・・・釣りたい。




■HATTORI
■7Hit 5Get
■LKJ MINNOW 85F / 130F

■MIURA
■1Hit 0Get
■SUGARMINNOW 8F


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ