2003.03.12 (wed) 06:00-16:25

今日も厳しい一日...ワンチャンスを逃したら次は無い?

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2003 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2003.03.12

本日はタロジローさんと芦ノ湖へ。



午前6時、無風&湖面マッタリの中、ポイントへ向かう。

気温はマイナス1℃だが、完全防寒しているので、それほど寒さは感じない。



先ずは深良水門。

取り敢えず、水温を計ってみると・・・4.8℃。

ここ数日の寒気のおかげで、水温は5℃前後を行ったり来たり。

まぁ、私の芦ノ湖釣行日は最初から決まっているので、その日の状況を考えて悪あがきするしかないでしょう。



で、キャスト開始。

しかし、全く反応無し・・・というか、この湖面状態では当然かな?



少しすると・・・

タロジローさんのKPミノー着水後のポーズに塩焼サイズが反応。



タロジローさん

しかし、乗らず。



太陽は薄い雲に隠れているが空は明るい。

しかし、そんな明るい空から雪が降り始めてきた。

まぁ、雪のほうが雨やみぞれよりも濡れない分だけ楽だけど。



深良を諦め、亀ヶ崎に移動。

そして、そこから立石までキャストしていく。



丁度、立石に来たところで良い感じの風が吹き始めたので、アンカーを打ち、色々と探ってみる。

しかし・・・全く反応無し。

おまけに良い感じの風も、すぐに止んでしまった。



そこで胴切りに移動。

既に雪は止んでいる。

おまけに風まで止んでいる...。

結局、ここでも全く反応は得られなかった。



まぁ、今日も陽が出て水温が上昇した夕方が勝負でしょう、風も吹くし・・・

などと話ながら、早川に行ってみる。

しかし、先行者多数・・・入るところが無かったので、九頭龍へ。

再び、風が吹き始め、自分のテンションは上がったが・・・魚は揚がらなかった。



一気にプリンスへ移動。

風が良い感じで当たり、水面状態も最高。

このポイントを、ここまで最高の条件で狙えるのも、シーズン通して数少ないだろう。

テンションメーターは一気にレッドゾーンへ!



ところが・・・全く何も無し。

アタリのアも無し・・・厳しい~!



水面が静かになり始めたので、移動。

さて、何処へ行こう?

先週、良型ブラウンを目撃したポイントはこの風では厳しいだろう。

ここから遠目に見ても、湖面がマッタリしているのが判る。



ということで、和田角から仏までブラウン狙いで叩いてみることに。

ハンドエレキを足でコントロールしながら、岩陰や沈み岩、湖面に覆い被さった木の下を狙ってキャストしていく。

タロジローさんも、何度か木に引っ掛けながらも、恐れずに果敢に打ち込んで行く。



・・・



結局、仏までの間、魚は一度も出てこなかった。

仏まで来たところで、対岸の立岩へ移動し、そこから小杉方面まで叩いていく。

相変わらず、風は止んだまま。



芦ノ湖

まぁ、こういう時はのんびり景色でも楽しみましょう。



女郎杉でアンカーを打ち、風待ち休憩した後、再び深良へ。

深良は、ここ数日の風向きと天候から、本日のメインポイントの一つに決めていた。

ただ、既に前日に深良で大型を出されちゃったので、テンションが半減してるのも事実だけど。



船を杭に固定し、風を待つ。

時折、吹きつける風に全てを賭けてキャストするが・・・ダメ。



既に14時半・・・芦ノ湖早春ゴールデンタイム開始まで、あと30分。

現在の風向きは、南東になったり南西になったりしているが、完全に南寄り。



さて、どうしよう。



結局、一番湖面がザワついている早川へ移動。

そしてアンカーを打ち、キャスト開始。



ググッ!



本日初の魚の感触に・・・ホっ。



53cmのニジマス

バター焼きサイズの53cm。

でもこの魚・・・

この時期に珍しく、虹色がほとんど消えた銀系の魚体で、尾鰭も丸くなく、体はかなり引き締まっている。

ネットで鱗が落ち、鰭が割れてしまったのが画像的には残念だが、チョット嬉しい。



キャスト再開。

するとタロジローさんにアタリ!

しかし乗らなかった。



その直後、再び私にヒット。

先程の魚もそうだが、今回の魚もアタリが分かりにくい。



で、そのまま寄せてぶっこ抜き・・・



塩焼サイズ

30cmくらいの塩焼サイズ。



さて、これからか~!?



しかし、期待虚しく・・・魚の反応はその僅か15分間だけ。

その後は全く何も無し。

そして16時25分・・・下船時間のため、納竿・撤収。



相変わらず、今日も厳しい一日だった。

でも、こういう状況の時こそ、試行錯誤して色々な情報を蓄積するチャンスでもある。



イケス

イケスを悠々と泳ぐ虹鱒。

今年はこのイケスを狭そうに泳ぐサイズは拝めるのかな?(笑)




■HATTORI
■2Hit 2Get
■LKJ MINNOW 85F

■タロジローさん
■0Hit


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ