2001.04.30 (mon) 05:30-16:50

北東風が強く1日中雨...好条件が揃っているので急遽釣行

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2001 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2001.04.30

ふと、芦ノ湖天気予報を見てみると・・・

30日(月)は一日中雨、しかも北東風が強く吹く...らしい。

しかし、前日17時発表の芦ノ湖天気予報を見るまでは、結論は出さないでおく。

突然、晴&無風に変わっていることも良くあることだからだ。



そして、29日17時発表の芦ノ湖天気予報は・・・「一日中雨、北東強風」

私の今春の芦ノ湖釣行も・・・残すところあと2回くらいか?

そして、ここまで好条件が揃う日は、もう無いかもしれない・・・

これが今春最後のチャンスかな?

そんな気がする。

これは行かないわけにはいかない。

ということで、ビューティーさんを誘って芦ノ湖へ。



4時半過ぎに湖尻の「やまびこ」に到着すると、予報通りの風雨。

頭の中で各ポイントの風の当たり具合を想像しながら・・・

どのポイントをどういう順番で叩いていくか?

どこを本命ポイントにするか?

等々、色々なことをひたすら考えながら、黙々とタックルをセットする。



すると、釣り客の中に知っている顔を発見。

先日同船したikki君だ。(4/11参照)



『あれ?・・・ikki君!今日、来てたんだ!』

「来ちゃいましたよ~!東名でずーっとHATTORIさんの車の後ろを走ってたんですよ。気付きませんでした?」

『全然、気付かなかった。』

「後ろで合図出したり、前に回ってハザード出したりしてたんですよ~」

『良く俺らの車って分かったね。』

「こんな雨の夜中に東名高速を爆走しているminiなんて、HATTORIさんくらいしか居ないでしょ!(笑)」

『ええっ?・・・俺、今日はビューティーさんの車だから、miniじゃないよ。』

「うそぉぉぉ・・・じゃぁ、全然知らない人に必死に合図出してたんだぁ・・・」

『くくく・・・その車、大迷惑だね。(笑)』



そんな会話をビューティーさんの絶叫がさえぎる。



「HATTORIさん・・・タックル忘れちゃいました・・・」



『えっ!・・・マジで???・・・え・・・リールも?』

「いえ、リールは持ってきましたけど、ルアーと上着を忘れちゃいました。」

『雨具は持ってきたよね?』

「ええ、雨具は大丈夫です・・・」

『なら大丈夫でしょ。ルアーは預ってるLKJ-85Fがあるから。』

「いやぁ~...LKJ-85F、預けておいて良かったぁ~!」



実は前回の釣行の時、ビューティーさんに譲った「LKJ-85F」をぶつけてしまったらしく、背中にひびが入ってしまったので、一旦私が修理のために預っていたのだ。

まさに、不幸中の幸いである。(笑)



そして、5時半に出船。

防ヶ沢は先行船が入ってしまったため、胴切りに直行。

付け根から鼻先まで狙える位置にアンカーを打ち、キャスト開始。



すると、ビューティーさんにいきなりヒット!

私はまだ1投しかしていないのに・・・



28cmのニジマス

05:35、ビューティーさん、28cmのニジマスをゲット。


「いやぁ~、2投目ですよ!今日はいけますね!(笑)」


げげっ!いきなりビューティーさんにプレッシャーをかけられてしまった。(笑)

ビューティーさんに捲られちゃったら大変だ・・・

なんせ、ビューティーさんにプレゼントしたLKJ-85Fは、70UPを頭に60UPを数本叩き出してきた強者「LKJ-85F 007」だからだ。



波立つ湖面に最高の雰囲気を感じながら、再びキャスト開始。

すると、今度は私の「2001ver. LKJ-85F」にヒット。



46cmのニジマス

05:45、HATTORI 46cmのニジマスをゲット。

取り敢えず坊主は逃れたので、あとは60UPを狙うのみ。



ところが・・・

再び私の「LKJ-85F」にヒットしたのは・・・

お馴染みの塩焼サイズ。(笑)



28cmのニジマス

05:55、HATTORI 28cmのニジマスをゲット。



その後20分間、反応が無かったので移動。

次のポイントは南部である。

移動の途中、箱根園が良い感じだったので様子見でキャスト。

しかし、当たりが1回あったのみ・・・15分程で移動。



そして今日の第二本命ポイントである、箒に到着。

予想通り、良い感じで風が当たっており、雰囲気は最高である。

しかし、あまりにも風が強すぎてアンカーが効かない。

殆どシーアンカー状態。



そんな中、ビューティーさんに塩焼サイズがヒット。

しかし・・・バラシ。



すると今度は私にヒット。

なかなか元気が良い。

でも重みは無い。



48cmのニジマス

07:05、HATTORI、48cmのニジマスをゲット。

今日の魚はヒレが整っていて、しかも良く肥えている。



20分程、反応が無いので・・・平岩に移動。

というよりも、強風で流されてしまった・・・という方が正しいかも。

しかし反応が無いので・・・すぐに白浜へ移動。

ところが・・・ここには大勢のウェーディングの人々。

そこでムジナに移動。

しかし、ムジナには先行船&ウェーディング数名・・・諦めて百貫へ。



百貫でキャストを開始。

しかし強風と波で、立っているのも辛い状態。

落水しないように気をつけながら、キャストしていく。

ここも、大物がいつ出てもおかしくないくらい最高の雰囲気。

はっきり言って、背筋がゾワゾワする。



そして、ここでも私のLKJ-85Fにヒット。

これまた無茶苦茶元気がある。

でも・・・あの重量感は無い。



47cmのニジマス

08:25、HATTORI、47cmのニジマスをゲット。



その後、30分間反応が無いので・・・

満を持して、今日の第一本命ポイントへ移動。

ところが・・・すでに先行船。

しかもポイントの真上に・・・



午後に来よう・・・ということで、急きょ深良水門に変更。

昨夜からの北東強風・・・七里の魚が回ってきている可能性は大である。

だが、現実はそうそう簡単にはいかないものである。

全く、なんにも、ピクリとも反応無し。

雰囲気も良くない。



南部は強風だが、北部は大した風が吹いていない。

波も小さい。



「南部の方が北部よりも魚っけがありましたね・・・」



ということで、再び水しぶきを頭からかぶりながら、平岩に移動。

ほとんど嵐のような状態の中、なんとか平岩に到着し、キャスト開始。

すると、沈み岩の脇で私にアタリ・・・でも乗らない。

ビューティーさんにもヒット・・・しかし、バラシ。

そのまま強風で流されながら白浜まで叩いていったが、私にアタリが1回のみ。



あまりに湖が荒れてきたので、避難がてら百貫に移動してキャスト開始。

キャストしながら、ふとビューティーさんをみると・・・

バックラッシュしている。



すると、突然・・・バシャ!!!



あれ?・・・あれれ?・・・まさか・・・



そう、ビューティーさんがバックラッシュを直している間、湖面にプカプカ放置されていたLKJ-85Fにニジマスがヒットしたのだ!

こ、これは、まさしく!・・・「KANZAKIメソッド」



まぁ俗に「放っとけメソッド」とも言う?...笑 (2000.02.26 参照)

バックラッシュしない私には真似することのできない、高度なテクニックである。

もちろん、真似したくはないのだが・・・



40cmのニジマス

11:30、ビューティーさん、40cmのニジマスをゲット!

このニジマスは・・・相当腹が減っていたのだろう。

そして、水面でほとんど動かずに同じ場所でピクピクと妖しく蠢く「LKJ-85F」が、死にかけたワカサギに見えてしまった・・・のかな?(笑)



そして12時になったところで一旦船宿に戻り、昼食休憩。

すでに昼食休憩していたikki君に状況を聞くと・・・「1バラシのみ」とのこと。

「午後も九頭龍方面に行く」というikki君。

しかしローボートでこの強風は危険すぎる・・・やめた方が無難だ。

そして、ikki君は比較的湖面の安定しているキャンプ場へと旅立って行った。



私達は13時半に再び出船。

取り敢えず椿の鼻の様子を見に行ってみる。

しかし、反応無し、雰囲気も無い。



すぐに諦め、九頭龍へ移動。

ここには必ず魚は居るのだろうが、何となく南部に比べるとゾワゾワする感じがしない。



そこで、箒に移動。

しかし、風は更に強くなっており、立っているのも厳しい。

当然、アンカーは役に立たず・・・ひたすら流されていく。

そして、流されながらも岸際を狙ってキャストしていくと、私にヒット。



35cmのニジマス

14:20、HATTORI、35cmのニジマスをゲット。



その後も流されながらキャストしていると、再び私にヒット。

しかし、船の揺れでアワセが効かず・・・すぐにバラシ。



流されきったところで、百貫に移動。

ここも雰囲気最高!全身ゾワゾワモード!

しかし、ここも強風でアンカーが効かず、あっと言う間に流されてしまった。

もちろん、ここでは流されながらキャストすることが出来ない。

何故なら・・・その先は禁漁区だ・か・ら。(笑)



禁漁区のブイに近づきそうになったので、今度は三本杉に移動。

そして、強風に流されながら立岩まで叩いていくが、反応無し。



今度こそ!・・・と意気込んで、今日の第一本命ポイントに移動してみたが・・・

ダメだ、まだ立ち込みが居る。

残念だけど今日は諦めましょう。



と言う訳で、九頭龍&胴切りでキャスト開始。

いつ出てもおかしくない状況に、気合いのキャストを繰り返すが・・・反応無し。



残り時間30分・・・このまま粘るか?

それとも・・・



結局、最後の30分を亀ヶ崎で勝負することに。

ところが・・・

そこにはすでにウェーディングの人が・・・残念。

そこで亀裏に移動し、キャスト開始。



「HATTORIさん!今、デカい魚が3匹、泳いでました!」

『えっ・・・3匹?・・・ニジマスだった?どのくらいのサイズ?』

「結構デカかったです。ルアー投げたら逃げちゃいました。」



しばらく水中の様子を伺っていると・・・

悠然と泳ぐ大きな魚を発見。



『ビューティーさん・・・あれは・・・鯉だよ。』

「あ・・・鯉ですか・・・」



その後、反応無く・・・

16時50分に納竿・撤収。



イケスショット

今日は雨と強風のおかげで、1日中楽しく集中してキャストすることが出来た。

いかにも大物が出そうな最高の状況・・・

ひたすら期待に全身ゾワゾワさせながらのキャスト・・・

快晴・無風の日には無い、この緊張感の連続・・・

結果は大して良くなかったが、心底楽しめた釣行であった。



そして、大渋滞覚悟の帰り道・・・

渋滞予想に反して、ほとんどノンストップで帰ってこられた。

ラッキー!



芦ノ湖釣行も残すところ、あと2回。

今年の釣果は十分過ぎるほど良かったが、人間の欲に終りはない。(私だけ?)

あと2回・・・頼むから、雨降って~!風吹いて~!(笑)




■HATTORI
■4Hit 4Get
■LKJ MINNOW 85F

■B-YOKOYAMA
■2Hit 2Get
■LKJ MINNOW 85F


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ