2001.03.14 (wed) 06:00-16:25

予報では風は大して強くないはずだったが...やっぱり強風!

 

by HATTORI

Home »  Fishing Report »  2001 /  芦ノ湖トラウト釣行 »  2001.03.14

昨日の天気予報では「今日はそれほど風が強くならない」とのこと。

ここ数日間、強風だった・・・

もしも、今日風が弱まれば・・・チャンス!

しかも、気温が昨日よりも上がるらしい・・・

更にチャ~ンス!



はやる気持ちを抑えながら、いざ芦ノ湖へ!

しかし・・・

芦ノ湖に着いてみると・・・

あれ?・・・あれれ?・・・

結構・・・風あるなぁ・・・



まぁミノーイングには、この位の風の方が丁度良い。

無風、ベタ凪、湖面鏡状態よりは断然良い。



予定通り、6時に出船。

南南西の風が吹いていたので、先ずは最近恒例の九頭龍へ。

水温を計ってみると・・・5.5℃。

ほとんど上がっていない・・・

というよりも、下がっている?



おまけに風が南東になったり北東になったり・・・

要するに風が回っている状態だ。

取り敢えずキャストをしてみるが、あまりに風向きが変わりすぎて狙いたいポイントを狙えない。

アンカーを中心にメリーゴーラウンド状態・・・目が回る?(笑)



しばらくすると、風が南東に落ち着いてきたので、立石に移動。

しかし・・・全く反応が無い。

黒石、立石湾も・・・同じく全く反応無し。

亀ヶ崎に移動しても・・・何にも無し。

おまけに、風が段々強くなり・・・アンカーがほとんど効いていない!

気が付けば、岸際まで流されている・・・という始末。



そこで一気にプリンスまで移動。

ここの風向きは以外と安定していて・・・南西強風。



MIURAさん

岸際から沖目まで狙ってみたが・・・

私もMIURAさんも・・・全く反応無し!



時間だけがどんどんと過ぎていく。



まずい!・・・

ポイント選択を完全に外しまくっている!

こういう日は、魚は居るところには沢山いるが、居ない所には全く居ない...ことが多い。



さて・・・どこに移動しよう?

魚はどこ?・・・



ここ数日の情報だと、早川周辺が好調である。

しかし、今は北西風に変わっている。

早川を狙うには・・・この強風では少々つらい。



風が北寄りに変わってから30分以上経っている。

ということは・・・風表の深良水門に魚が回っているかも?



ということで、深良水門に急行!



しか~し!・・・

全く!何も!ピクリとも!・・・反応無し。



ふと時計を見ると・・・げげっ!もう10時半だ!!!

こういう日は、朝マズメを逃すとかなり厳しい状況になってしまう。

まして、フローティングミノーしか使わない我々にはかなり厳しい!



さてさて・・・どこへ行く?



一度ボート屋に戻って、飯を喰って午後に期待!という手もあるが・・・

大概、こういう日は午後になると更に風が強くなるもの。



現在、風は南東強風に変わっている・・・

こうなりゃもう一度、亀ヶ崎で勝負!



亀ヶ崎

慎重にアンカーを降ろし、気合いのキャストを繰り返す。

しかし・・・

強風で船はあっと言う間に岸際まで流されてしまい・・・

いつの間にか、亀ヶ崎-立石間のワンドに吸い込まれていた。



まさしく、ここは吹きだまり。

この強風の前では、我々は枯れ葉と同じなのである。



しかし、負けじとカケアガリ狙いでキャストを繰り返す。

すると・・・

一瞬ミノーが重くなたような感触が!



すかさずアワセてみると・・・

バシャバシャバシャ!!!



これをバラしたら、次は無い!

そして・・・

やたらに元気のある魚を慎重に寄せて、無事ネットイン!



53cmのニジマス

HATTORI、なんとか53cmのニジマスをゲット。

良かった~!

ホッと一息。



しかしその後は反応無く、11時45分に昼食休憩。

飯を喰いつつ、湖の様子を見ていたが・・・風は一向に弱まらない。



そして13時より、再び出船。

仏ヶ崎と立岩を結んだラインよりも南の方が、風は安定しているはず・・・

ということで、再びプリンスへ。



雰囲気的には最高だ。

いつヒットしてもおかしくない湖面状態である。



プリンス前

しかし・・・全く反応無し・・・



そこで、今日、唯一生体反応のあった亀ヶ崎に移動してみる。

しかし・・・全く反応無し。

ここの水温は5.6℃だった。

朝より0.1℃しか変わっていない。

まぁ、この風では水温上昇は期待できないでしょう。



そして・・・

16時25分、納竿撤収。



アンカー揚げ降ろし

果たして今日は何回位アンカーの上げ下げをしたのだろうか?

これは、結構な重労働であります。

MIURAさん、ご苦労さまでした。




■HATTORI
■1Hit 1Get
■LKJ MINNOW 85F

■MIURA
■0Hit


  



Higashi-Ginza Minnowing Club LKJ